20 / 306

④水も滴るーーいい男?

 そして両親からのとどめ――。 『許婚を決める相手方の気持ちもあるだろう? お前が相手方に気に入られなければいいだけの話だ』と――。  つまり、こういうことだ。  花音のふりをした俺は、葉桜 月夜(はざくら つきや)と挨拶を交わし、彼に嫌われるような行いをわざとすれば、この件は破談になる。  そうすれば俺は晴れてこの()まわしい女装劇から解き放たれ、()いては欲しいものを手に入れることができる。  あと、ついでに言うなら、花音も堂々と好きな奴を想っていられる。  ……ということだ。  なんで俺がそんなことをしなきゃならないんだよってそう思うけど、まあ、こうなったことは仕方ない。  何でも好きなものを買ってくれると父さんが約束してくれたし、相手に嫌われれば良いだけのこと。  楽勝楽勝!!  今日一日くらい花音を演じきってらってやろうじゃないか。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

一人ぼっちの主人公が出会った青年。見る見る惹かれていくが、同時に悲しい運命に巻き込まれていく。
3,467リアクション
961話 / 727,828文字 / 272
1/14 更新
余命宣告された青年が季節を想い、最後の言葉を探すお話「──壊れるくらいに愛してる」
267リアクション
47話 / 13,006文字 / 199
2018/2/12 更新
連載中
ジョート
【J.O.A.T】のSS集
7,576リアクション
51話 / 25,102文字 / 3,290
2019/12/30 更新
根っこは優しい不器用な不良×闇深あざとい猫かぶり
2,292リアクション
49話 / 129,606文字 / 133
3/3 更新
優しく男前な庚に夢中な亮平は会うたび彼に抱かれていたけれど、それは単なる身代わりでしか無くて…。
140リアクション
6話 / 12,499文字 / 190
2019/8/15 更新
異世界転生コメディ、吸血鬼×人間。異世界でも男にばかりモテる主人公のお話。
872リアクション
92話 / 154,879文字 / 0
2/11 更新