22 / 306

⑥水も滴るーーいい男?

 頑固そうな一文字に引き結んだ口元。  肩までの黒髪の中に、一筋の白髪がところどころ入っている。  その白髪がさらに華道家当主としての威厳を漂わせている。  次に入室してきたのは奥さんだろうか。  彼女は俺の母さんとは比べ物にならないくらい、とても綺麗な女性だった。  白地にところどころ赤が混じった着物を身にまとい、銀色の帯は派手だと思われがちなのに華やかで品がある。  それはきっと彼女の性格そのものが現れているのだろう。  服は着るもので着られるものではない。  昔、祖父さんがそう言っていたことを思い出す。  ――そして彼が最後の人物になるだろう。  葉桜家嫡男、月夜が姿を現した。  こちらにやってくる足音はとても静かで、けれどどこかしっかりとしたものだった。  彼は父親と同じ黒の袴姿で、俺より頭ひとつ分くらい背が高い。  えっと、俺の身長が163センチだから……多分月夜は180そこいらだろう。  俺の視線と彼の視線が重なり合えば――

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

連載中
Love thief
【R18】無愛想エース部長×強気平凡部下のツンデレ恋愛
837リアクション
68話 / 50,451文字 / 246
2/6 更新
童話赤ずきんをちょっといじってみました。
185リアクション
29話 / 18,968文字 / 20
2017/6/16 更新
馬鹿なことを言っては彼女にフラれる親友が、度を越す馬鹿を思い付いた。次に狙うのは俺のお尻!?
504リアクション
47話 / 47,552文字
2017/11/25 更新
傷心旅行先で出会ったのは、サイボーグみたいな完璧ホテルマン。
4,697リアクション
157話 / 128,147文字 / 605
3/31 更新
美形×平凡 (20200115完結、続けて番外編を更新する予定です)
6,500リアクション
338話 / 190,539文字
1/16 更新
「お前の全部を堪能してやる」 -鋭い印象のその瞳が甘く蕩ける刹那、あなただけが僕の全てになった-
76リアクション
7話 / 8,846文字 / 0
6分前 更新