27 / 306

⑪水も滴るーーいい男?

――とはいえ、花音さんには次期当主になる月夜を支えてくれなければどうにもならない。 そこで、どうでしょうか。彼女には1年間、月夜と世帯(しょたい)を共にし、許婚を解消するか否かは本人たちが決める、というのは――」  嘉門さんは、自分の息子である月夜の一生が決まるといってもおかしくない事柄を、まるで事務的なものでもこなすかのようにそう言った。 「そうですね」  父さんは嘉門さんの言葉に(うなず)いた。  父さんにいたっては……たぶん、娘を遺書通りに対面させなくてよかったなどと、内心安堵しているに違いない。  まあ、月夜は見るからに清楚そうな優しい人だと思うけれど、もしかしたら万が一っていう可能性もある。  何かの間違いでお腹に赤ちゃんが……ってなことにでもなったら大変だ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
VIRGINITY
童貞捨てないとメス化する?エリート上司と巻きこまれ部下のドタバタ恋愛ストーリー。
342リアクション
9話 / 40,317文字 / 578
2018/4/16 更新
生徒×教師――僕らの出逢いはきっと必然だった。好きになるのに理由も時間もいらない。
2,434リアクション
1096話 / 745,107文字 / 380
2019/1/4 更新
ナツネをゆりかご地下室に閉じ込めた僕は……
19話 / 15,419文字 / 0
3/23 更新
先輩に憧れて、俺、ここの部活に入ったんです。
1話 / 745文字 / 0
1/13 更新
ムカつくぐらいのイケメンモテ男、ゆーちんのアプローチに困っています。
19リアクション
11話 / 6,728文字 / 0
2019/7/27 更新
ルーファスは、決して結ばれない人を愛してしまった。
689リアクション
60話 / 168,154文字 / 196
4/5 更新