44 / 306

②同意を求められて

 そりゃね、池の鯉みたいに優雅に遊びたいって思ったさ。  だけど、池に入って鯉と一緒に泳ぎたいなんて思ってない。  ……ああっ! 恥ずかしい。  月夜には無様なところしか見せてないような気がする。  ……って、あれ?  いや、待てよ? 別にそれでいいんじゃないか?  そもそも俺は月夜に気に入られるためにここにいるんじゃない。  許婚を放棄してほしくてここにいるわけで……。  そう、そうだ!  月夜にはきっと、俺がいかに間抜けでおっちょこちょいなのかを知ってもらえたはずだ。  池の水を被るというとばっちりまで受けたんだ。  俺は華道家の妻に相応しくないと身をもって知っただろう。  ……これで月夜とも会わなくていい。  そう思えば――。  ――あれ? なんだこれ?  胸がジクジク痛い。  どうして?  月夜とはこれで終わりだって思ったら、急に胸が痛み出す。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】初恋は苦くて辛い、叶わないなら捨ててしまえと俺は自分の心から逃げ出した。
83リアクション
8話 / 28,729文字 / 170
2017/2/28 更新
生徒会長の多忙な毎日のなかに一つの花弁が舞い降りた
6リアクション
23話 / 19,515文字 / 18
2017/4/28 更新
満員電車の中で八神に欲情してしまい…「こんなとこで盛ってんじゃねぇよ。」R18
6リアクション
1話 / 403文字 / 0
2018/12/4 更新
大学内では全く接点のない2人。実は、許嫁同士なんです。
89リアクション
1話 / 8,920文字 / 213
2019/9/9 更新
鬼人の国で嫁入りした僕ののんびり嫁ライフ
63リアクション
5話 / 18,771文字 / 149
2019/7/10 更新
社会人になっての初仕事は、異世界で性奴隷!? ふざけんな! 照れ屋の騎士団長×最強無敵の奴隷の物語
36リアクション
6話 / 8,097文字 / 0
19時間前 更新