45 / 306

③同意を求められて

 病気――ではないと思う。  今までにそんな兆候はなかったから……。 「……っつ」  俺は痛みを訴える胸のあたりを、料亭の人から貸してもらった着物の上から押さえた。 「どうしたの? 寒い?」  彼は俺の異変に気がついたらしい。  俺の様子を窺ってきた。  茶色の瞳が心配そうに俺を写し出す。 「あ、だいじょうぶ……です」 「ほんとうに?」  胸の痛みで言葉が詰まった。  だから俺はコクンと(うなず)いてみせた。  すると月夜のつり上がった眉尻が下がる。 「花音(かのん)さん……って。写真で見るよりもずっと可愛いね」  それはそれはにっこり微笑んで彼はそう言った。 「…………」  ――男として侮辱(ぶじょく)とも取れる言葉。  なのになんでだろう。  月夜に、『可愛い』と言われても悔しくない。 『可愛い』を自然と受け入れられる。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

童話『おやゆび姫』をアレンジしてみました。
84リアクション
16話 / 9,943文字 / 120
2017/6/19 更新
画家の渓と俳優の秋照。ひょんなことから出会い、秋照は景色へ思いを告げるが……?甘くて切ない物語。
1話 / 211文字 / 0
2018/6/25 更新
男前×平凡――君が隣にいてくれたから毎日が輝いて見えた
116リアクション
55話 / 45,368文字 / 208
2019/1/27 更新
明治初期、貧しさから豪族に売られた少年の運命は…
303リアクション
12話 / 10,000文字 / 144
2019/5/22 更新
お前の結婚式前夜……僕たちは最後の儀式のように身体を重ねた。
1,241リアクション
11話 / 10,000文字 / 953
1/23 更新
奉公先の雇い主に溺愛される(予定)の銀狐ちゃんの話
193リアクション
7話 / 9,991文字 / 485
2019/5/22 更新