46 / 306

④同意を求められて

 たしかに、『可愛い』や『綺麗』などと言われるのは今に始まった事じゃない。  クラスの連中や花音の友達に言われるのはしょっちゅうだ。  相手からしてみれば誉め言葉だろうが、俺はそうじゃない。  聞き慣れるなんて有り得ない。  言われるその度に腹を立てていた。  それなのに、なんでだろう。  俺にとっての禁句は、月夜が相手だとそうじゃない。  前までは、『綺麗』とか『可愛い』と言われるその度に悲しくなって、その度に腹が立って仕方なかったのに……。  胸のジクジクする痛みはいつの間にか消えている。  その代わりにやって来たのは言いようのない熱――。  池ポチャして寒いはずなのに、体がかあっと熱くなる。  俺………………おかしい。  今日の俺はヘンだ。  マジで風邪ひいたかな。  顔だってなんか火照ってくるし――。  戸惑いを隠せない俺は、月夜の綺麗な瞳から逃げた。  視線を外し、畳へと滑らせる。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

入選 ファンタジーBL短編小説コンテスト
化け物の僕が愛しい君を黒く染める――愁いに満ちたダークファンタジー
54リアクション
6話 / 9,818文字 / 116
2017/11/4 更新
華奢な青年がイケオジに溺愛され、蕩かされていくデロ甘ストーリー
3,976リアクション
86話 / 194,065文字 / 1,402
2時間前 更新
その男は…俺の言葉がきっかけでいじめられてしまったかつてのクラスメイト
1,369リアクション
138話 / 163,942文字
4/8 更新
【R18】大学生×会社員「死ぬくらいならオレと遊ぼう」自殺未遂から始まる恋のお話
67リアクション
23話 / 70,519文字 / 0
1/19 更新
腹黒眼鏡×ノンケ蕎麦職人 病みエリート(年下)のひとめ惚れ猛攻
1,059リアクション
37話 / 55,571文字 / 0
2/2 更新
完結
微熱
生徒×保健医――触れた君の熱が伝わる。
109リアクション
9話 / 34,379文字 / 0
3/23 更新