48 / 306

⑥同意を求められて

 いやいや待てよ? タブレットにするならノートパソコンでもいいかもしれない。  あ、携帯も新しい機種が発売したんだっけ。  うへへ、迷うぜ俺!  そうやってズキズキする痛みから気を紛らわせるために、父さんに何を買って貰おうかと考える。  だけど胸の痛みは全然消えない。  挙げ句には何を買って貰おうかと算段する思考さえもストップしてしまう。  月夜が気になって仕方がないんだ。  果たして月夜は今、何を思っているのだろう。  そっと彼の様子を窺えば……一度大きく開いた目がスッと細められた。  薄い唇の端が上がる。  それはとても綺麗な笑顔だった。 「それもそうだね」と、そう言って――。 「それでね、花音――」  そして月夜は何やらまだ話している。  だけど俺は話の続きを聞くことができない。  月夜の微笑はあまりにも綺麗だったから、何も頭に入らない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

一家の危機を救うため、大富豪の元へ嫁ぐことになったマライカだが、大盗賊に囚われてしまう。
195リアクション
92話 / 52,016文字 / 653
2017/12/28 更新
ヤクザに拾われた男の子の話。R18
8,080リアクション
240話 / 230,658文字 / 3,009
14時間前 更新
不敵な俺様男前×立場弱め繊細そそられ系=受溺愛攻
1,236リアクション
198話 / 372,693文字 / 360
2019/12/20 更新
僕たちの行く末は、なんと、お題次第!?
129リアクション
56話 / 34,490文字 / 60
2018/8/9 更新
完結
抱擁
食卓は幸福な場所でありたい。けど、
26リアクション
5話 / 5,510文字 / 60
2018/9/29 更新
大学生×高校生の話しです。一人ぼっちの子が生まれて初めての恋をして、すったもんだします。
105リアクション
89話 / 84,939文字 / 0
4/6 更新