49 / 306

⑦同意を求められて

 だけどそれは間違いだった。  後悔先に立たず。  まさにそれ。  月夜の話をまともに聞かず、頷いていた自分が悪い。  俺が話の内容を知った頃にはすでに後の祭り――。  引き返せないところまできていた。  それで月夜の話の内容はというと……。 『峰空(ほうくう)高校に編入してくれる?』  ……だった。 ――第三話・同意を求められて・完――

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

入選 ファンタジーBL短編小説コンテスト
化け物の僕が愛しい君を黒く染める――愁いに満ちたダークファンタジー
54リアクション
6話 / 9,818文字 / 116
2017/11/4 更新
受け溺愛×攻め溺愛主夫
1話 / 5,242文字 / 0
1/9 更新
ムカつくぐらいのイケメンモテ男、ゆーちんのアプローチに困っています。
19リアクション
11話 / 6,728文字 / 0
2019/7/27 更新
かわいそうな俺を助けてくれる人はビッチという誤解を解いてください。(会長×平凡)
824リアクション
74話 / 107,589文字 / 208
2019/9/29 更新
互いに離れられはしない、月の「表」と「裏」の擬人化ファンタジーBL。
25リアクション
1話 / 1,802文字 / 19
2019/11/26 更新
仕方ないよね、僕はΩなんだもの。虐げられた駿は、我儘御曹司αの伊織に振り回されるうちに変わってゆく。
4,678リアクション
223話 / 56,322文字 / 129
1/20 更新