34 / 98

第34話

「ねえ、向井さん。これ見てよ」 「え?」  ソファーから動こうとしない由幸に、奏の方から寄り添ってきた。手にはBLコミックが、ページの開かれた状態で由幸に向けられた。 「な、何?」  奏が見せたページは、攻めが受けを壁に押しつけて事に及んでいる真っ最中のシーンが描かれている。攻めが受けの膝裏に腕を入れ、受けの体を持ち上げていた。これが以前奏の言っていたアクロバティックな体位なのか。アンアンハアハアの大騒ぎだ。 「これってまじでできると思います?」 「は?」  奏はいたって大真面目に、由幸の顔をのぞき込んだ。 「体位ですよ、体位。こんなふうに攻めのビッグマグナムで支えきれると思います?一応受けの足は持ってるし、受けも必死に攻めの腰に足を絡ませてるけど、これ、まじでできるんですかね?」 「さあ~……。漫画だし」  由幸の答えが気にくわなかったのか、突然奏に腕を掴まれた。 「向井さん。実践あるのみです。ちょっと相手、お願いします」 「はあっ!?」  漫画に描かれている通り、奏の腕が腰に回る。密着する体。バクバクとうるさ い心臓の音が、肌から奏に伝わってしまいそうだ。 「向井さんは俺の首に腕を回してください」  強引に奏は由幸の腕を取った。まるで抱き合うようなポーズ、いや、まさに抱き合っているのだが、無邪気に笑う奏にちょっとばかり腹が立つ。  人の気も知らないで。 「向井さん、体重何キロ?」 「五十ちょい……」 「軽っ! 女子じゃないっすか! じゃあまじでいけるかも」  奏は由幸の両腿を抱え、抱き上げようと必死にふんばった。 「うおらぁっ!」 「そんなかけ声、漫画じゃ全く出てないけど」  白けた目で見つめても、奏は全然気になどしない。それどころかますます楽しそうに笑った。 「あははっ! そっすね。漫画の流れだと、立ったまま受けの片足を持ち上げての挿入、そんで完全抱っこですもんね。やっぱアレの最中ってアドレナリンとかどぱあって出て、人の重さがわかんなくなるんですかね」 「知らないし……。あっ!」  奏の腕の中から出ようとした瞬間、由幸の左足は奏の手で持ち上げられた。思わずよろけて、奏の首にしがみつく。  「これ……、立って向き合ったまま突っ込むなんて、ファンタジーじゃないっすかね」  どうやっても奏の中心は由幸の後ろには届きそうもない。ぐりぐりと色んな角度から腰を押し当てられると、さすがに生理的反応を起こしてしまいそうだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】セクサロイド続編 ほぼHのみ
18リアクション
1話 / 2,266文字 / 128
2017/2/16 更新
高校の同級生コンビが、恋を自覚して結ばれ、些細な日常を大切にするお話
22リアクション
4話 / 27,110文字 / 0
2017/7/14 更新
『別に嫌いじゃないんやろ?』の続編です。 脳チン系イケメンクズ×平凡不憫系男子のエロありシリアスあり
29,428リアクション
172話 / 168,777文字 / 18,874
6/19 更新
本当の恋を知らない2人のストーリー
299リアクション
38話 / 39,583文字
2/17 更新
将来有望なヘタレモデル×暗い過去を持つマネージャーの恋物語です。
6リアクション
15話 / 68,805文字 / 40
7/4 更新
「溺愛」BLシナリオコンテスト応募作品
30リアクション
34話 / 11,836文字 / 60
7/7 更新