273 / 284

若葉風にそよぐ 7

 寝室のドアがバタンっと開いたので、再びビクッと躰を震わせると、宗吾さんが立っていた。 「瑞樹、起きたのか」 「……宗吾さん」 「悪かったな。とにかく、これを着て風呂に行け」 「あっはい」  ポンッと投げられたのは、白いバスローブ。  急いでそれを着用し、とにかく風呂場に駆け込んだ。  さっきまで感じていた深い余韻は、もう封じ込めよう。  昨夜見せてくれた弱い宗吾さんの姿は、嫌になるどころか嬉しかった。  この1年間、ずっと僕のことを支えてくれた人なんだ。  今度は僕だって、少しはあなたを支える存在になりたいと願う。 **** 「パパ、どう? うまくむけたでしょう!」 「おぉ上手だぞ」  芽生がバナナの皮を綺麗に剥いて、得意げに俺の目の前に差し出した。  その背後にバスローブ姿の瑞樹が部屋を横切っていくのが見えた。  パタンと脱衣所のドアが閉まる音がしたので、芽生も振り返った。 「あれぇ? おにいちゃんも朝、お風呂にはいるんだね」 「そうみたいだな」 「昨日、ボクとはいったのに、また~?」  そこな。それは子供の素朴な疑問だよな。  大人の事情とは言えないから、素知らぬ顔をした。 「函館に行くから、すっきりしたいんだろうな」 「ふーん、旅行にいくのって大変なんだね」 「ははっ、まぁな」  それから芽生とホットケーキミックスを混ぜて、フライパンで焼きだした。そういえば離婚してすぐ、芽生にねだられて作った時は、表面が真っ黒で中は生焼けだったのを思い出す。  それに比べて今日はどうだ!  表面はきつね色でふっくら焼きあがっていくぞ。 「うわぁいい匂い! 穴がブツブツあいてきたよ」 「よし、ひっくり返すぞ!」 「うん! パパーがんばって!」  ふたりで楽しく作業していると、スッと横にシャワーを浴びた瑞樹がすました顔でやってきた。いつの間に洋服を着て髪も乾かしたのか。さっき迄の色気は綺麗にしまっていた。 「おはようございます。宗吾さん、芽生くん」 「あぁおはよう」  艶めいた君は影を潜めてしまっていたので、少し残念だった。でも同時にこういう所が、瑞樹らしいと思う。  一番上のボタンまでしっかりとめた薄い水色のシャツに、細身のパンツ姿。醸し出す清楚な雰囲気は、俺が抱く前も抱いた後も何も変わっていない。 「あの、何か手伝うことはありますか」  瑞樹が腕まくりしながら聞いてくる。 「ううん、今日はおにいちゃんにホットケーキ作ってあげているんだ。だから、テーブルで待っていて」 「そうなの?」    小首を傾げ芽生を見つめる仕草に、俺の胸の奥が密かに疼く。瑞樹はさ、いちいち仕草が可愛いんだよな。 「おにいちゃん、もしかしてお腹ペコペコ?」 「え……まぁ」 「やっぱり! すごくうえた顔してるもん!」 「えっ」 「おいおい、その言葉どこで学んだんだ?」 「モチロン、パパからだよ! 」  三人で笑いあった。  まぁ確かにこの1年、俺は瑞樹に飢え続けていたからな。 「おにいちゃん、そうだ、じゃあ先にバナナ食べているといいよ」 「バナナ?」 「うん、ボク上手にむけるんだ」 「へぇ」 「むいてあげるから、早くこっちにすわって」 「う、うん」  フライパンでホットケーキを焼きながら、横目でふたりの様子を見ると、芽生が瑞樹のためにバナナをむいていた。へぇ、可愛い光景だな。小さかった芽生も年長さんになってから、お世話することに目覚めたようだ。 「おにいちゃん、アーン」 「えっ」 「食べてみて、とっても甘いよ」  芽生が皮を剥いたバナナを、丸ごと瑞樹に差し出していた。瑞樹は目の前のバナナに、少したじろぐ。 「おにいちゃん、持っていてあげるから、ほらアーンして」 「うっうん、じゃあ、いただくね」 「アーン」  躊躇しながらも、瑞樹の淡い色の唇がゆっくりと開く。そして白くて太いバナナを、思い切ってパクっとくわえた。  最初は何となく見ていた光景なのに、俺の思考回路が急ブレーキをかけてあらぬ方向に曲がっていく。  それは、それは……どうみたって、えっ……エロい!  心の中で大きく叫ぶと、食卓にいる瑞樹と目がばっちりあった。  口にはバナナをくわえ、モグモグと顎を動かしながらも、みるみるうちに目元が朱色に染まっていくのが分かった。  瑞樹が俺を意識する。  俺も瑞樹を意識する。  瑞樹の顔がさらにポンっと火が付いたように赤くなる。  俺の脳内は沸騰して、鼻の奥がツンっと熱くなった。 「そっ……モゴっ……ゴホッ!」 「うわっ」  瑞樹はバナナを喉に詰まらせそうになって、ゴホゴホと咳込んだ。    瑞樹の視線に気が付いた芽衣がこっちを振り返るなり、すっ飛んできた。  「わーパパー鼻血、鼻血!もうーしっかりしてーだいじょうぶ?」  慌ててティッシュを息子に差し出されることになり、苦笑するしかなかった。 **** 「それじゃ行ってきますよ、あなた」  仏壇にお線香をあげながら、亡き夫に報告した。  学者肌で気難しく堅苦しくて大変だったけれども、もうこの世にいないのは寂しいものね。あなたの几帳面な気質は見事に長男へ、私のおおらかな気質は次男に受け継がれたみたい。   「函館の……瑞樹くんのお家にご挨拶してきますよ。宗吾の恋人は……男の子ですが、とても可愛らしい子で、私も大ファンなのよ」  それにしても、もしあなたが生きていて今の宗吾の状況を見たら、卒倒したでしょうね。理解できない世界だったでしょうね。  でもね……私はむしろ嬉しいの。すっと押さえつけられて成長し、どこか投げやりになっていた宗吾が、あんなにも深く優しく人を愛することが出来るようになったのが。  宗吾をそこまで変えた瑞樹くんの存在が、私は愛おしくて……だから元気なうちに私の方から、彼のご家族に、きちんとご挨拶したかったの。  今回の函館旅行に誘ってもらえて本当に嬉しかったわ。  宗吾にそんな気が回るとは、本当に変わったわね。  彼を産んだお母様と、彼を育てたお母様……その両方にきちんと挨拶したいわ。私も母だから分かるの。どちらの母も尊い存在ということが。  少し早めに羽田空港の出発ロビー着いたので、ベンチに座って通り過ぎる人を眺めていると、向こうから和やかな雰囲気を醸し出す三人が近づいてきたので、思わず目を細めてしまった。  いい光景だわ。  あなたたちは、まるであたたかい陽だまりのようね。  三人揃うと、光輝くよう。  私の息子と孫、そして息子の大切な恋人、瑞樹くん。あなたたちは本当に、私にとって大切な存在よ。 「母さん、待たせたね」 「おばあちゃん~」 「こんにちは!」  皆が皆、私を見つけて嬉しそうに声をかけてくれた。  折しも新緑の季節。  空港内に風が吹き抜けるはずないのに、爽やかな若葉風が吹いているように感じてしまった。  私の老いた心も、新鮮な若葉風にそよいでいた。 『若葉風にそよぐ』 了 あとがき (不要な人はスルーでご対応を) **** こんにちは。志生帆 海です。 函館行きまでの前置きが長くなってしまいましたが、次回から場面を切り替えますね。 最近、少々ラブラブが多すぎるような……(・。・;   切なかった1年を乗り越えたのもあり、私の萌え優先で書いてしまい……今後は少しストーリー展開に力をいれていこうと思います。 このご時世……なかなか集中して書けないのですが、私の息抜きも兼ねて『幸せな存在』を執筆しております。 読者さま……いつも読んでくださってありがとうございます。 いただくリアクションはモチベーション維持に繋がっています。 せめて創作の世界は幸せに楽しくなるといいなと……日々更新しています。 今後も一緒に楽しんでいただける方がいらしたら、嬉しいです。    

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

俺の言葉は絶対だ、何度も言わせるなよ、バカ犬
1,011リアクション
320話 / 304,960文字 / 275
2019/1/20 更新
ドS腹黒王子の生徒会長、律は耐えられるか?!
31リアクション
15話 / 9,948文字 / 59
2018/11/15 更新
生徒×教師――僕らの出逢いはきっと必然だった。好きになるのに理由も時間もいらない。
2,434リアクション
1096話 / 745,107文字 / 380
2019/1/4 更新
落ちこぼれ男娼アオキの再教育相手は決して惹かれてはいけない相手だった
3,006リアクション
47話 / 73,442文字 / 1,913
2019/7/4 更新
一夜限りと決めた相手にうっかり一目惚れしてしまったけれど、どうすればいいかな?
574リアクション
62話 / 86,845文字 / 223
1/26 更新
義理の兄で世話役で…不思議な関係だけど、僕は秀真が好き!
98リアクション
8話 / 9,943文字 / 0
2019/11/29 更新