13 / 21

再会 01

* * * 「よっ。ちゃんと来たな、シモ」 しばらくシモとふたりで話していると、ひと通り挨拶まわりを終えたフォードルがレオニードを引き連れてやって来た。 夢にまで見た相手が近くにいるという状況に、エイノの全身が心臓になったみたいにドクドクと脈打っている。 「やあフォードル。残念ながら君に呼ばれたから来たんじゃない。今日は僕の大事な友人を自慢しに来たんだよ」 「ったく、相変わらずつれないな」 大げさに肩をすくめてみせる灰色狼は、きちんとした身なりのわりに、どこか軟派そうな印象を与える。 シモはさらりと彼をあしらいながらエイノの腕を掴み、隣に並び立たせた。 「彼が僕の友人のエイノだよ。とっても素敵でしょ」 「は、初めまして。エイノです…!」 「ああ、君がシモのヒーローくんか。俺はフォードル。シモとは大学の寮で同室だったんだ。よろしく」 「ひ、ヒーロー……?」 自分にはあまりにも不釣り合いな形容詞に、エイノは目を丸める。 シモはにこにこしながらフォードルの背後に視線を移した。 「それで、そちらの紳士を紹介して欲しいんだけど」 急かすような言葉に一瞬だけフォードルが目をすがめたが、すぐ「ああ、こいつは友人のレオニードだ」と白い歯を覗かせてほほ笑んだ。 「レオニードだ。よろしく」 シンプルな挨拶の後、彼が大きな白い手をシモに差し出し握手する。 美と貫禄を合わせ持つ獣人と神々しい妖精が並べば、もはや完成された絵画のようだ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!