13 / 21

再会 01

* * * 「よっ。ちゃんと来たな、シモ」 しばらくシモとふたりで話していると、ひと通り挨拶まわりを終えたフォードルがレオニードを引き連れてやって来た。 夢にまで見た相手が近くにいるという状況に、エイノの全身が心臓になったみたいにドクドクと脈打っている。 「やあフォードル。残念ながら君に呼ばれたから来たんじゃない。今日は僕の大事な友人を自慢しに来たんだよ」 「ったく、相変わらずつれないな」 大げさに肩をすくめてみせる灰色狼は、きちんとした身なりのわりに、どこか軟派そうな印象を与える。 シモはさらりと彼をあしらいながらエイノの腕を掴み、隣に並び立たせた。 「彼が僕の友人のエイノだよ。とっても素敵でしょ」 「は、初めまして。エイノです…!」 「ああ、君がシモのヒーローくんか。俺はフォードル。シモとは大学の寮で同室だったんだ。よろしく」 「ひ、ヒーロー……?」 自分にはあまりにも不釣り合いな形容詞に、エイノは目を丸める。 シモはにこにこしながらフォードルの背後に視線を移した。 「それで、そちらの紳士を紹介して欲しいんだけど」 急かすような言葉に一瞬だけフォードルが目をすがめたが、すぐ「ああ、こいつは友人のレオニードだ」と白い歯を覗かせてほほ笑んだ。 「レオニードだ。よろしく」 シンプルな挨拶の後、彼が大きな白い手をシモに差し出し握手する。 美と貫禄を合わせ持つ獣人と神々しい妖精が並べば、もはや完成された絵画のようだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

かつての幼馴染との、最悪の再会だった《R18オメガバース》
64リアクション
19話 / 7,081文字 / 216
2017/5/17 更新
R18 ヤクザ×ヤンキー ある日出会ったヤンキーは可愛いやつだった。
2,308リアクション
149話 / 96,230文字 / 1,120
2018/5/1 更新
天然ノンケ×卑屈ゲイがゆっくり幸せになっていく話。本編完結済み
432リアクション
140話 / 180,858文字 / 223
9/28 更新
囚われた14歳双子の貴族。男娼として売られていく二人の過酷な運命
566リアクション
48話 / 118,444文字 / 60
10/13 更新
晴航と純は幼馴染で一度は別れた仲だった。しかし大人になって気が変わって。
1話 / 2,784文字 / 0
1/28 更新
ガテンなお兄さん受
94リアクション
3話 / 2,951文字 / 236
2/6 更新