34 / 41

第34話

________ 「こなつはもう帰って。それから、ここにはもう来ないで。俺は幸せだから」 席を立つお兄ちゃんの腕を鷲掴む。 「客としてなら……いいでしょ?」 「はぁ……。好きにすれば?でも、俺は二度と話さないからね」 居場所さえ分からなかった時よりは、全然ましだ。 だって、お兄ちゃんに会うことができるんだから。 「ねぇ、パパ〜。俺、お兄さんと遊んできていいー?」 萩花くんが、急に俺を見つめてくる。 「だーめ。迷惑でしょ」 「全然迷惑じゃないよ。萩花くん、遊ぼうか」 萩花くんに連れられて、近くの公園に向かった。 「萩花くん、何して遊ぶの?」 「お兄さんは、なんでパパのこと好きなの?」 「え?」 これくらいの年齢の子ってこういう恋愛の話が好きなのか? 「……あのね、昔から萩花くんのパパだけが、俺に本気で接してくれたんだよ。 何しても怒られなかった俺に……初めて怒ってくれたし。ダメなところは言ってくれた。頑張ったら、すっごく褒めてくれた。 正直、俺は苦手に思われてるだろうけど、お兄ちゃんを諦められないなぁ」 「……。パパはお兄さんのこと、苦手みたいだね」 萩花くんに見つめられてどきっとする。 この子は、αか。 オーナーは多分βだったから、すごい確率で生まれたことになる。 「萩花くんのお父さんは……、ほんとにさっきの……?」 お兄ちゃんは、そうだとははっきり言ってなかった。 「それを、俺に聞くのはルール違反じゃない?」 「……そうだね。ごめん」 俺の子ではないのかという期待が、ほんのりと胸のどこかに生まれた。 でも、確かに萩花くんに聞くのはずるい。 随分、大人びている子だ。 「ねぇ!俺、ぶらんこで遊びたいなぁ。お兄さん、押して〜」 「あ、あぁ。うん」 そこからは、萩花くんはまるで何も考えていない子供のようになった。 無邪気に遊んで、笑って。 さっきのはなんだったんだろうか…… 「萩花くん、そろそろ帰ろっか。」 「え〜!もうちょっと遊びたい!」 「でも、暗くなってるし、パパも心配するよ?」 「……はーい」 その不服そうな顔は、演技なのか…… 「ただいまー!」 「おかえりなさい。遊んでいただき、ありがとうございました」 「いえ…」 対応してくれたのはオーナーで、ちらっと中を見てお兄ちゃんを探す。 「せつなくんはあなたに会うことを、好まないようで…。ただ、あまり焦らないであげてください」 「は、はい。」 この人は俺の恋敵かもしれない。 でも、お兄ちゃんをとても大事に思ってるのは伝わるから。 お兄ちゃんがここにいて、良かったと思った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

独占欲が強い俺様な美形と、一途で献身的な美形に挟まれる苦労性な男前が主人公の長編。
742リアクション
310話 / 738,106文字 / 133
2019/6/9 更新
強き泣き虫で顔も好みだったから捕まえちった★わーい!!
4リアクション
7話 / 14,925文字 / 0
2019/10/7 更新
軽薄テンションの怪しい金貸し×ぼんやりイケメン家政夫。
65リアクション
21話 / 120,316文字 / 214
2019/2/4 更新
日本に到着して数時間後、俺はずぶ濡れの日本人を拾った
48リアクション
3話 / 1,749文字 / 196
2019/7/2 更新
オメガバース、シリアス、三角関係
9リアクション
5話 / 34,180文字 / 0
2019/10/11 更新
カリスマ長男α×美人秘書次男Ω/やきもち焼き三男α×美人秘書Ω【三角関係オメガバースラブコメディ】
517リアクション
12話 / 20,842文字 / 105
2019/10/31 更新