34 / 34

第34話

________ 「こなつはもう帰って。それから、ここにはもう来ないで。俺は幸せだから」 席を立つお兄ちゃんの腕を鷲掴む。 「客としてなら……いいでしょ?」 「はぁ……。好きにすれば?でも、俺は二度と話さないからね」 居場所さえ分からなかった時よりは、全然ましだ。 だって、お兄ちゃんに会うことができるんだから。 「ねぇ、パパ〜。俺、お兄さんと遊んできていいー?」 萩花くんが、急に俺を見つめてくる。 「だーめ。迷惑でしょ」 「全然迷惑じゃないよ。萩花くん、遊ぼうか」 萩花くんに連れられて、近くの公園に向かった。 「萩花くん、何して遊ぶの?」 「お兄さんは、なんでパパのこと好きなの?」 「え?」 これくらいの年齢の子ってこういう恋愛の話が好きなのか? 「……あのね、昔から萩花くんのパパだけが、俺に本気で接してくれたんだよ。 何しても怒られなかった俺に……初めて怒ってくれたし。ダメなところは言ってくれた。頑張ったら、すっごく褒めてくれた。 正直、俺は苦手に思われてるだろうけど、お兄ちゃんを諦められないなぁ」 「……。パパはお兄さんのこと、苦手みたいだね」 萩花くんに見つめられてどきっとする。 この子は、αか。 オーナーは多分βだったから、すごい確率で生まれたことになる。 「萩花くんのお父さんは……、ほんとにさっきの……?」 お兄ちゃんは、そうだとははっきり言ってなかった。 「それを、俺に聞くのはルール違反じゃない?」 「……そうだね。ごめん」 俺の子ではないのかという期待が、ほんのりと胸のどこかに生まれた。 でも、確かに萩花くんに聞くのはずるい。 随分、大人びている子だ。 「ねぇ!俺、ぶらんこで遊びたいなぁ。お兄さん、押して〜」 「あ、あぁ。うん」 そこからは、萩花くんはまるで何も考えていない子供のようになった。 無邪気に遊んで、笑って。 さっきのはなんだったんだろうか…… 「萩花くん、そろそろ帰ろっか。」 「え〜!もうちょっと遊びたい!」 「でも、暗くなってるし、パパも心配するよ?」 「……はーい」 その不服そうな顔は、演技なのか…… 「ただいまー!」 「おかえりなさい。遊んでいただき、ありがとうございました」 「いえ…」 対応してくれたのはオーナーで、ちらっと中を見てお兄ちゃんを探す。 「せつなくんはあなたに会うことを、好まないようで…。ただ、あまり焦らないであげてください」 「は、はい。」 この人は俺の恋敵かもしれない。 でも、お兄ちゃんをとても大事に思ってるのは伝わるから。 お兄ちゃんがここにいて、良かったと思った。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

義兄が日に日に可愛くなっていくので困ってます。
394
403
524
149
210
28
97話 / 90,651文字 / 650
2018/2/26 更新
入学生の感は、先輩の奈留に見染められて呼び出される。それはある校則からくる行為なのだった。
1
1
1話 / 2,976文字 / 24
2018/2/2 更新
彼は僕の部屋に来るたび深いキスをおとす
12
8
3
16話 / 5,078文字 / 14
2018/12/9 更新
完結
毒の華
死者から届いた手紙
5
2
5
1
2
6話 / 20,926文字 / 64
3/20 更新
夜の商店街、響き渡る寂しく孤独な演奏は、やがて大きな賛歌になる。
10話 / 17,579文字 / 0
6/16 更新
そんなに弱ってるところ……見せないでいただけますか?
7
6
7話 / 7,841文字 / 0
7/27 更新