6 / 13

第6話

「おまえ、メシ食べた?」 「いえ……」 「なんか作ってやるから、少し寄っていけよ」 「あ……はい」 宗方はエンジンを切ると、駐輪場にバイクを停めた。家に入れるのは初めてだった。三階の角部屋の前に来ると、ウォレットチェーンから鍵を取り出し、扉を開けた。 「失礼します……」 宗方はおそるおそる、そして頭がぶつからないように頭を軽く下げながら中に入った。 1Kのその部屋には、テレビとソファとベットしかないシンプルな部屋。 「随分とサッパリした部屋なんですね」 宗方は興味深げに見渡している。 「帰ってきてシャワー浴びて寝るだけだし。まぁ、座れよ」 宗方はライダースを脱ぎ、ロングスリーブ姿になると大きい体を丸くしてちょこんと、ソファに腰かけた。 「ナポリタン好きか?」 「あ、はい」 天馬は冷蔵庫から食材を取り出し、そのうちフライパンの焼ける音が聴こえてきた。 宗方は落ち着かないのか、少しソワソワしているように見えた。それを天馬は内心ほくそ笑み、フライパンを振る。 「ほらよ」 目の前にナポリタンを出してやると、丸くした目でそれを見ている。 「頭は食べないんですか?」 「オレ、賄い食べたから」 「そうなんですね。じゃあ、頂きます」 そう手を合わせ、フォークを手にした。 天馬はタバコに火を付け、それを眺める。 麺を口に入れ一口飲み込むと、 「うまいっす」 そう、キラキラした目で嬉しそうに言うと、口一杯にナポリタンを頬ばり一気に食べ始めた。 天馬はそんな宗方の表情に、 (可愛いなー、おい) 無意識に、ふっと笑みがこぼれる。 少し気恥ずかしくなり、誤魔化すように天馬はキッチンに行き、冷蔵庫からミネラルウオーターを持ってくる。それを宗方に渡し、自分も蓋を開けた。 「てかさ、なんで今日に限って迎え来たの?」 今まで、バイト先まで迎えに来ることはなかった。それが少し天馬には不思議に思え尋ねてみる。 宗方は一旦食べる手を止め、動きを止めた。 「バイトが早く終わったからって、さっき言いました……」 「ふーん……」 タバコに火を付けたところで、頭の……と、口を開いた。 「頭の顔が……見たくなったって理由じゃダメですか?」 そう言って、真っ直ぐな目を向けられた。 思わず咥えていたタバコを落としそうなる。 「あ……そう……」 そう返すのがやっとだった。顔が熱くなり自分は今、絶対に顔が真っ赤だと思った。 「オレ……シャワー浴びてくるわ」 そう逃げるようにソファを立った。 シャワーから出ると、下はハーフパンツ上半身は裸という出で立ちで、タオルで頭を拭きながら浴室を出ると、宗方はキッチンに立ち、皿を洗っていた。 「いいよ、オレやっとくから」 宗方は天馬を見ると、慌てたように目を逸らした。 「?」 その様子に天馬は不思議に思ったが、上半身裸の天馬の姿に、目のやり場が困ったのだろう。 (照れんなよ……) そう心の中でほくそ笑み、手にしていたロングスリーブに腕を通した。 「やります、これくらいは……」 「コーヒー淹れる」 そう言って、天馬はコーヒーメーカーをセットした。 「ずっと聞きたかったんだけど、おまえさ、なんで喧嘩しまくってたの?」 今更な気はしたが、ずっと疑問に感じていた事を口にした。 「おまえ、喧嘩するタイプには見えねーし」 「……」 水道を止めたのを見ると天馬は、肩にかけていたタオルを宗方に渡してやる。宗方は受け取り手を拭くと、 「言わないと……ダメですか?」 そう言って目を伏せた。 「ダメだな」 コーヒーメーカーに視線を向けている宗方を天馬はジッと見つめた。 天馬は棚からマグカップを二つ取り出し、コーヒーを注ぐ。 カップを手にすると天馬は軽く宗方の脛を蹴り、リビングに行け、とばかりに顎を上げた。 ソファに並んで座りコーヒーを渡してやる。天馬は宗方が口を開くのを静かに待った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!