7 / 14

第7話

秘訣って男同士だよ僕等……。そう言うと優真は笑って答えた。 「素敵だって言われたんだよ。憧れるって」  優真は照れくさそうにそう教えてくれた。嬉しかったんだって笑って……。 「直ぐに追いかけようと思ったけど、大嫌いなんて言われたの初めてだったからショックでさ」  優真……。 「追いかけた時にはもういなくて……どこ探してもいないから」  そう言って僕を抱きしめた。 「ごめん……」  謝るのは僕の方なのに、先に謝られたら何も言えないよ。 「ごめんなさい……」  それでも謝らなきゃ……。僕は掠れた声で謝罪した。外はまだ雨? 僅かに聞こえる雨音が耳をうつ。 「雨まだ降っているの?」  何気ない言葉……。優真はカーテンを開けて窓の外を見た。 「もう三日降り続けてる」  本当に三日も眠り続けてたのか僕は。まだボーっとする中、優真の体温が恋しい。 僕は優真に手を伸ばす。 「陽向?」  僕の顔は多分、泣きそうな顔をしていたろう。優真はそっと伸ばした手を取り、抱きしめてくれた。優真から伝わる体温が僕を落ち着かせる。もっと感じたい。もっと触れたい。僕はそんな衝動に駆られた。  
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!