9 / 15

第9話

 二人で雨宮の淹れてくれたコーヒーを飲んだ。店には頻繁に通ってたけど、向かい合って一緒にコーヒーを飲むのは初めて。 「そういえば、ヤマ先、覚えてる?ヅラにしたらしいよ」 「え!?そうなの!?山下先生、あんなにフサフサしてたのに!」  誤魔化すみたいに始めた高校の時の思い出話。 「そうでもないよ。生え際とか、結構ヤバめだったじゃん」 「ふっ!ハハッ!どこ見てたの!」 「いや、あれは見るだろ?」 「くくっ。知らなかった」  雨宮、爆笑してる。笑うと幼くなるんだな。笑顔、可愛い……  もっと見たくなり、話題を続けた。 「国語の先生もヅラでよくズレてたっけ」 「ぶはっ!ハハッ!」 「何度、『ズレてますよ』って言いそうになった事か」 「ぶ、くくっ!あははっ!そこは言わないであげて!」  思えば、高校の時はただのクラスメートで、ほとんど話した事もなかった。それでも、告白してくれたのに、俺は………… 「雨宮、恋人いる?」  思い切って聞いてみた。 「ぶ……ゴホゴホッ!!」    多分、俺の思いもよらない言葉に雨宮は動揺、咳込んだ。  俺はあの日、突然の告白に驚いて、雨宮を傷つけた。『男同士』、最も酷い言葉で。  俺を無視したり、距離をおいてもおかしくないのに、再会後、雨宮は普通に接してくれた。  雨宮の事、可愛いなって思う。笑った顔や照れた顔を見るとキュンとする。毎日、時間を作ってカフェに通うのは……  他の男に笑顔を見せるだけでモヤモヤするのも、彼氏がいるかもしれないと気になって仕方がないのも全部…… 「………………今、好きな人いる?」  また赤くなった雨宮を見つめる。    許されるなら、もう一度向き合いたい。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!