4 / 11

二話【梅雨入り(上)】

 相田に告白してから一ヶ月が経ち、梅雨を迎えた今日この頃。激しく雨が降っている……そんな、朝。  オレは……かなり、イライラしている。  湿気だとか雨のせいじゃない。  オレが、イライラしているのは……。 (相田のヤロウ……ッ!)  そう、相田のせいだ。  じゃあ、具体的に相田の何が悪いって……態度が悪い、気に食わないのだ。  色々と曖昧な状況になっていると言っても、オレは相田に告白した。返事は保留になっているけど、オレが相田を意識するのは仕方ないじゃないか。  告白した次の日、相田のことをムシするのも変だと思い、勇気を出して挨拶してみた。 『お、はよう』  自分でもガッカリする程、ガチガチに緊張した挨拶だ。周りから見ても、オレ達の間に何かあったんじゃないかと思われそうな、それくらい不自然な挨拶だった。  それに対して、相田はこう返したのだ。 『おはよう』  無表情、それでいて淡々とした口調。チラッとオレを見たけど、すぐさま本に視線を戻す。  まるで告白なんかなかったかのような……オレなんかに興味が無さそうな反応だ。  いつも冷静な相田が戸惑ったり緊張していたら、誰もが不思議に思うだろう。それこそ、オレ達の間に何かあったんじゃないかと、疑われると思う。  そうならない為に、普段通りの相田でいてくれているんだって……最初はそう考えてた。  ――が、実際は違ったのだ。  教室で二人きりになって、誰かに気を回す必要が無い状況になったというのに、相田は変わらない。  『また明日』と言っても、特に目立った反応を見せず『あぁ』とだけ答える。本から目を逸らさずに、だ。  こっちはこの一ヶ月間、相田のことばっかり考えているのに……相田は、何もなかったかのような対応。  イライラするなって方が、ムリな話だろう。 (根拠が言えないから、信じてもらえてないのか……?)  オレがクラスメイトとバカ騒ぎしていても、体育でいい動きをしても、相田は気にすらしていない。  オレが相田のどこをどう好きか言えていないから……だから、相田はオレの告白を【告白された】とカウントしていないのなら……悔しいけど、相田の反応は理解できる。  クラスメイトと雑談をしながら相田のことを考えていると、予冷が鳴り響いた。  クラスメイトが各々の席に座る中、オレはふと……あることに気付く。 (相田、まだ来てない……?)  相田が席にいない。と言うか、教室の中にもいないのだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

癒しのかっぱが我が家にやって来た。
321リアクション
11話 / 10,000文字 / 345
2019/7/15 更新
兄が連れてきた新しい恋人は悪い虫でした
626リアクション
9話 / 12,536文字 / 1,012
2019/10/31 更新
仕事に行けなくなった八神の前に現れたのは、アフリカ帰りのワイルドな課長
49リアクション
5話 / 9,361文字 / 120
2019/6/19 更新
シングルファーザー×捨て猫に間違えられた不良
159リアクション
14話 / 10,000文字 / 181
2019/7/12 更新
むかしむかし、伝助という木こりが一株の紫陽花を助けたとさ。
15リアクション
1話 / 7,929文字 / 71
2019/7/4 更新
嘘つきと孤独な少年の話。
5話 / 8,576文字 / 0
2019/7/7 更新