8 / 11

三話【放課後(下)】

 相田は椅子に座ったまま、本から視線を上げて女子を見る。 「……言葉の意味が、分からないのだが」 「え、えっとね、つまり……その……っ」 「?」  女子が口を開いては閉じて、また口を開く。相田はその様子を、怪訝そうに見上げている。  相田は気付いていないようだけど、オレには分かってしまった。 (相合傘……!)  女子は『一緒に帰ろう』……そう、相田を誘おうとしているのだ。  相田は鈍いのか、全然分かっていなさそうに見える。  女子がもし、相田を誘ったら……どう答えるんだろう。 「相田君、私と――」 「相田ッ!」  女子が口を開くと同時に、その言葉を遮るように発せられた大きな声が、教室に響く。  ――それは紛れもない……オレの声だ。  女子と相田が、オレの方に視線を向ける。 「相田、は……オレと……そう、オレと帰る約束、してるから!」  咄嗟に出てきた言葉に、相田も女子も驚いたような顔をしているが……一番驚いているのは、オレだ。 (何言ってるんだよオレッ!)  オレと相田が、一緒に帰る約束? 今まで一回もしたことないだろ! そもそも、今日は一回も話してないし!  目を丸くしている女子を見て、オレは背中に冷や汗が伝ったのを感じていた。  ――しかし、予想外の言葉が返ってくる。 「……あぁ、その通りだ」  相田はオレから視線を外し、前に立っている女子を見上げた。 「すまない、先に言うべきだったな。本当は、彼の帰り支度を待っていた」  その言葉に、女子ではなくオレが目を丸くする。  相田とオレは、一緒に帰る約束なんかしていない。言い出しっぺのオレが言うのも変だけど、実際そうなんだ。  なのに相田は、オレの言葉に乗っかってくれた。 (……何で?)  相田の言葉に茫然としているオレを気にせず、女子は残念そうな顔をする。 「そ、そうだったんだ。ごめんね、変なこと言っちゃって」 「君は悪くない。自分の方こそ、すまなかった」 「ううん……そ、それじゃあねっ」  女子は相田に手を振って、自分の席から鞄を取る。  一瞬だけオレと目が合い、あろうことかオレにまで手を振って、女子は教室から出て行った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ヤクザの朽木は、情報屋の若い男・翔吾に出会う。捨て身の彼を放っておけず……
69リアクション
9話 / 9,584文字 / 8
2019/7/15 更新
全編「傘」目線でお送りする異色BL。
52リアクション
7話 / 8,869文字 / 120
2019/7/12 更新
「雨」「傘」「湿気」「虹」梅雨の風物詩を羅列しながら、青年は湿った外をただぼんやりと眺めていたーー
7リアクション
1話 / 1,005文字 / 35
2019/7/6 更新
「君は何故、そういうことをしてるんだ?」 ―私は君に、疑問をぶつけたい衝動に駆られていたのだ。
1話 / 3,357文字 / 20
2019/7/15 更新
俺、この花がこの世で一番好きなんだ
154リアクション
7話 / 9,995文字 / 76
2019/7/15 更新
最優秀賞 梅雨のBLコンテスト
くせっ毛の獣人×不眠症トリマー
234リアクション
6話 / 9,867文字 / 440
2019/7/15 更新