9 / 11

四話【根拠(上)】

 そして、気付けば教室にはオレと相田しかいなくなっていたようだ。気まずい沈黙が、教室中に広がる。  先に沈黙を破ったのは、相田だった。 「彼女は、一本しかない傘を自分に貸した後……どうやって帰るつもりだったのだろうか」  顎に手を添えて、相田は真剣に考えだす。  ……いや、いやいやいや! 「相合傘のお誘いだろッ!」  思わず立ち上がり、真剣に悩んでいる相田を指さす。  相田はオレの方を振り返り、眉間にシワを寄せた。 「…………相合傘? 何故、自分と彼女が?」 「どう見たって相田に惚れてただろッ!」 「そうだったのか?」 「そうだよッ!」  女子の真意が全く分かっていなかった相田は、怪訝そうな顔をしている。  頭はいい筈なのに、全然女子の気持ちを分かっていない……本当に、人の恋心が何なのか分かっていないらしい。 「相田、今日一日ですっげーモテモテになってただろッ!」 「やけに女子が寄ってくるなとは思っていたが、そういうことだったのか……」 「ウソだろ?」  女子が相田に寄っていた理由すら、知らなかったらしい。興味深そうに、相田は何度も頷いた。 「やはり、恋愛は奥が深いな……この一ヶ月、自分なりに独学で知識を深めていたつもりだったが、未熟だったようだ」 「恋愛って独学とかそういうものじゃ――って、え……?」  相田の呟きに、オレは固まる。  相田は真剣な表情のまま、固まっているオレを見た。 「何だ? 君が自分に想いを告げて、一ヶ月だろう?」  さも当然といった様子で、相田は語りかけてくる。  確かに、オレが相田に告白して一ヶ月経ったけど……それって、つまり。 「オレの告白……憶えてるの?」 「何を言っている……当たり前だろう」  相田が、怪訝そうに眉を寄せた。  予想外の返事に、オレは慌てて相田の席に近寄る。 「ウ、ウソだろ? だって、オレが挨拶とかしても全然平気そうだったじゃんか!」 「挨拶くらい、以前から交わしていただろう」 「教室で二人きりになっても、気にしてなさそうだったし!」 「二人だからといって、何かが起こるわけでもないからな」  淡々と答える相田は、相変わらず難しい表情をしていた。オレの言っている意味が、分かっていないんだろう。 「オ、オレが話しかけても……本ばっかり、読んでたくせに……!」  絞り出した文句に、相田は目を丸くした。  机の上に置いてあるカバーの掛けられた一冊の本を指で撫でると、相田はオレから視線を外して本を見る。 「参考資料として、恋愛小説というものを読んでいたのだが……それの、何が不満なんだ?」 「……恋愛小説? 相田が?」 「あぁ」  オレの問いに頷いてから、相田は本に掛けられているカバーを外した。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
相合傘
あれはちょうど梅雨に入った頃のことだった…。
12リアクション
9話 / 5,842文字 / 16
2019/9/6 更新
完結
雨の竜
その地には年に一度、雨を呼ぶ竜が訪れる。
27リアクション
2話 / 9,930文字 / 180
2019/6/18 更新
肌寒いのに、あたたかい。
2リアクション
1話 / 628文字 / 0
2019/6/20 更新
販売員サトダユキヒロは客の夏川と親しくなり、想いを告げた。しかし、夏川に曖昧に濁され…
2リアクション
5話 / 6,142文字 / 0
2019/6/29 更新
余命宣告を受けた青年の前に現れたのは、デュラハンだった。 / クール人外×死にかけ青年
831リアクション
12話 / 9,991文字 / 172
2/18 更新
最優秀賞 梅雨のBLコンテスト
くせっ毛の獣人×不眠症トリマー
234リアクション
6話 / 9,867文字 / 440
2019/7/15 更新