9 / 32

09

「俺様の中で恋愛の優先順位は下の下だ、だから深く考えるのはやめる。愛する五喜や七緒――民の幸せを考えたほうがよっぽど有意義だ。俺様がお前たちを必ず幸せにしてやる」  そうと決まれば、種を蒔こう。  五喜の黒い髪を撫で回してからぎゅっと抱きしめると「僕はいつだって王様に幸せにしてもらってるけどね」五喜は軽い口調で本気の言葉をくれた。そうか、それならもっと幸せにしてやると心の中で誓い、五喜から体を離す。 「寄るところが出来た。五喜、お前の本気を俺様に見せてくれ」  一志との恋でお前が成長することを期待しているぞ。  心の中で囁いて、五喜の肩を叩くと今度こそソファーから立ち上がる。五喜はもう俺を引き止めない。 「僕の辞書に本気って単語はないんだよね」 「そうか、それなら一志に書いてもらえ。それが自分で刻め。お前はやればできる子だと俺様が一番知っている」  するりと五喜の頬を撫でると、五喜は少し泣きそうな顔をして笑った。  眼鏡を外した五喜はまるで子どものようだ。愛を知らない子ども。一志との出会いが、五喜を変えてくれたらこれほど幸せなことはない。  五喜のマンションから出て、ブレザーの内ポケットからスマホを取り出す。バンドの練習中だとわかっているが、どうしても七緒に種を蒔くためには必要なことだ。『月島音八(つきしまおとや)』の名前をタップして、電話をかけた。  ガサツで大雑把、性において奔放。自分の心は人一倍守っているくせに、人の本心はあっさり暴く。そのくせ繊細で、とても優しい男。自分の中で矛盾をたくさん抱え、それをなかなか噛み砕けずにいる音八を俺は近くで見てきた。見ることしかできなかった。愛すべき家族だというのに。もうそれも今日で終わりにしよう。 「白金の坊ちゃんどーしたよ」  第一声が『白金の坊ちゃん』とは音八らしいと小さく笑った。言葉遣いはどこまでも荒っぽいのに、ボーカリストらしくどこまでも透明感のある甘い声だ。 「練習中にすまない。バイト先に行ってくれ」 「は?」 「バイトをしたいという男がいる。俺様の紹介だ。受からせろ」 「おいおい坊ちゃん俺行く必要ゼロじゃね?」 「大ありだ」 「俺じゃねぇとダメってことな? リョーカイ、お前の望みは俺が叶えてやるよ」  だって、三千留の兄貴だからな。  俺にしか聞こえないように、音八は囁いた。それが嬉しくて、スマホを握りしめる力が強くなる。「外で会っても他人のフリをしようぜ、俺と坊ちゃんじゃ立場がちげぇからな」そう言われた時の悲しみを今でも覚えている。その分、二人で会う時は優しい。不器用なのだ、月島音八という男は。 「ありがとう、音八兄さん」 「おいおい、急にカワイイ感じやめろ。口元にやけるじゃねぇか。後ろで千昭が睨んでっから切るぞ」  千昭はちゃんと練習に行ったのか。その事実に思わず口元が緩むのは俺のほうだ。 「ああ。それじゃあ店で会おう。音八愛してるぞ」 「バッカ、そーいうこと言うんじゃねぇ、地獄耳の千昭に聞かれたらどうすんだよ」  その時はその時だな。口角を上げ、音八の返答を待たずに通話を終了した。  マンション前に停まっていたリムジンに乗り込み「駅前のカラオケに向かってくれ」と運転手に告げながら、バイトをしたいという男――と俺が勝手に認定した七緒に電話をかける。いかなる時でも七緒はワンコールででてくれる。どこまでもまめだ。 「はーい、ちるちるどうしたー?」  外にいるのか、ガヤガヤと人の声がする。SNSに写真を投稿するために洒落た店巡りでもしているのだろう。「ちるちるといっちゃんあげるとめっちゃバズるんだよね!」満面の笑みで七緒に言われたら、気を良くしてどんな要求にも応えてしまいたくなる。 「カラオケでバイトしろ」 「へ?」  七緒は音八と似たような反応をするから、思わず小さく笑ってしまった。いきなりバイト先に行ってくれだの、バイトしろだの言われたら、誰だってそう反応するかもしれない。五喜なら「無理だよ」と笑って答えそうだが。 「バイト探していると言っていただろう。俺様が探しておいた。今から駅前のカラオケに集合だ」 「えっ今タピってるとこなんだけど!」 「七緒がシベリウスを好んでいるとは知らなかったぞ。俺様もよくタピる」 「あーーそれは交響詩『タピオラ』だわー俺はタピオカミルクティー飲んでるのタピるだから!」 「タピオカミルクティーを飲むことをタピると言うのか初めて知った」 「むしろ『タピオラ』を弾くことをタピるって言うこと初耳すぎるやつーとりまカラオケ集合おけまる!」  詳しいことを聞かず、あっさり受け入れてくれるところが七緒らしい。そういうところも、音八によく似ている。俺の判断は間違っていない気がした――七緒と音八はきっと合う。二人が出会えば、大輪の花が咲く。 「七緒、俺様がお前を幸せへと導いてやる」 「なーにいきなり。俺はいつだってちるちるに幸せもらってるよ」  嘘を吐け。お前はいつだって足踏みしている。  口からこぼれそうになった言葉を飲み込んで「そうか、俺様も七緒にもらっている、愛してるぞ」電話越しで見えるわけもないのに微笑み電話を切った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!