9 / 34

07

*都心ではあるが住宅街。晴れた日の昼下がり。  高い塀が巡らされ、監視カメラが至る所に取り付けられた日本家屋。  明らかに一般家庭とは様子の違うその家の頑丈そうな門の前で、大きく深呼吸をする大人になった諒一。 ■モノローグ 諒一  一哉との別れから九年。俺は、弁護士になった。  門の上に広がる空を見上げる諒一。 諒一M「一哉は…元気だろうか」  インターフォンを押す指。  出迎えに出る強面の若い衆。  和風な廊下。案内された無人の和室に足を踏み入れる諒一。 男「峰岸先生。こちらでお待ちください」 諒一「ありがとうございます」  下座に正座する諒一。 諒一M「落ち着く香りだ…」 ■モノローグ 諒一  勇誠会系辰巳組。その本宅である。現在の組長の名は、辰巳一意。一哉の義理の父にあたるその人物は、顔の割にそう性格が荒くないと聞いている。  膝の上に置いた両手を握り締め、見つめる諒一。 諒一M「やっとここまで来られた」  開く襖に気づく諒一。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【シナリオ】東京育ちの三田が山里に移住した理由とは。
167リアクション
26話 / 6,432文字 / 136
7/31 更新
妄想系ナルシスト男子・財前くんと、流され系お人好し男子・鈴木くんのお馬鹿なラブコメ
28リアクション
34話 / 8,472文字 / 160
7/5 更新
完結
生活
会社を辞めた男と身体を売ってその日暮らしをする男のボーイミーツボーイ作品です。
26話 / 5,294文字 / 0
7/14 更新
犬神憑きと拝み屋のカップル。好きなのはどっち?
39リアクション
34話 / 7,694文字 / 40
7/23 更新
短編小説 教師×生徒 
4リアクション
26話 / 8,283文字 / 34
7/25 更新
脱力系おっさんが猫とイヌを拾う。
40リアクション
14話 / 3,218文字 / 35
7/31 更新