9 / 34

07

*都心ではあるが住宅街。晴れた日の昼下がり。  高い塀が巡らされ、監視カメラが至る所に取り付けられた日本家屋。  明らかに一般家庭とは様子の違うその家の頑丈そうな門の前で、大きく深呼吸をする大人になった諒一。 ■モノローグ 諒一  一哉との別れから九年。俺は、弁護士になった。  門の上に広がる空を見上げる諒一。 諒一M「一哉は…元気だろうか」  インターフォンを押す指。  出迎えに出る強面の若い衆。  和風な廊下。案内された無人の和室に足を踏み入れる諒一。 男「峰岸先生。こちらでお待ちください」 諒一「ありがとうございます」  下座に正座する諒一。 諒一M「落ち着く香りだ…」 ■モノローグ 諒一  勇誠会系辰巳組。その本宅である。現在の組長の名は、辰巳一意。一哉の義理の父にあたるその人物は、顔の割にそう性格が荒くないと聞いている。  膝の上に置いた両手を握り締め、見つめる諒一。 諒一M「やっとここまで来られた」  開く襖に気づく諒一。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!