10 / 34

08

 鴨居をくぐる一意。  たじろぐ諒一。 諒一M「デカい…」 一意「待たせたな。先生?」  諒一の向かいの座椅子に腰を下ろす一意。  慌てたように姿勢を正し、頭を下げる諒一。 諒一「あ、いえっ。この度は顧問弁護士として雇い入れてくださって感謝しています。峰岸と申します」  テーブルの上に名刺を差し出す諒一。  一意が摘まみ上げた名刺を一瞥する。  名刺をテーブルに戻した一意が入口に視線を向け、諒一も釣られる。  フレデリックが手にお茶を乗せたお盆を持って部屋に入ってくる。 諒一M「金髪碧眼の外国人がお盆…。……似合わないというか…なんでこの家の人間はこんなにデカいんだ…」  お茶を諒一に差し出して微笑むフレデリック。 フレデリック「どうぞ」 諒一「あ、ありがとうございます…」  慌てて頭を下げる諒一に、クスリと笑うフレデリック。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!