3 / 37

第2話

「…何だ…これ…?」 ―やっと…ビジネスホテルからビジネスホテルへ…彼等から逃げ続け、そうしてやっと、ここなら見つかる事はないだろうと思える場所を見つけて…アパートを借り、新しい生活を始めようと仕事を探し始めていたその時―。 優紀が、消えた。 居なくなった。 何度、話をしても兄貴の所へ帰ると言って聞かなかった優紀。 絶対、見つかる。 逃げ切れない。 そう言って、俺から何度も逃げようとした。 その度に、宥め、嚇し…時には我を忘れて殴り、レイプ紛いに犯した事も…。 逃げ続けている日々が優紀を不安にさせているんだろうと…そう思い、落ち着ける場所を探し出して、俺がキチンとした職に就けば優紀も落ち着くだろうと。 そう、思っていた―。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

いがみ合う国同士の王と王が巡り会い、統一王国への道が開ける
533リアクション
178話 / 528,070文字 / 386
2018/5/26 更新
いじめていた相手に弱みを握られ脅される羽目に。次第に狂気の渦に飲み込まれていく。
13リアクション
19話 / 40,673文字 / 60
2018/6/30 更新
連載中
ある日荷物が届く
15話 / 6,853文字 / 20
1/2 更新
梅雨のようにじめじめした、倦怠期カップルの日常。
96リアクション
21話 / 35,790文字 / 60
7/16 更新
「むりやり相手を組み敷くのが趣味なんですか」「まさか。でもあんたは別だ」
477リアクション
33話 / 47,748文字 / 60
20分前 更新
辛い過去も、悲しい記憶も、すべてを包み込む愛。
295リアクション
58話 / 63,160文字 / 92
10/14 更新