3 / 36

第2話

「…何だ…これ…?」 ―やっと…ビジネスホテルからビジネスホテルへ…彼等から逃げ続け、そうしてやっと、ここなら見つかる事はないだろうと思える場所を見つけて…アパートを借り、新しい生活を始めようと仕事を探し始めていたその時―。 優紀が、消えた。 居なくなった。 何度、話をしても兄貴の所へ帰ると言って聞かなかった優紀。 絶対、見つかる。 逃げ切れない。 そう言って、俺から何度も逃げようとした。 その度に、宥め、嚇し…時には我を忘れて殴り、レイプ紛いに犯した事も…。 逃げ続けている日々が優紀を不安にさせているんだろうと…そう思い、落ち着ける場所を探し出して、俺がキチンとした職に就けば優紀も落ち着くだろうと。 そう、思っていた―。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!