195 / 200

第196話

「ダメだ、迎えに行く、お前の身体を狙ってる妖魔は山程いるんだ、気をつけろよ」 「分かってます」 優志に居場所を伝え、電話を切る。 「……、」 また優志さんに迷惑をかけてしまった。 山岸さんとも上手くやらないといけないし… 国近さんは冷たくなって…寂しいし。 色々、難しい。 色々考えて、頭が混乱して疲れてしまう東洞だった。 翌日も仕事を休まないよう、頑張って出勤する。 「おー、きたな、昨日は悪かったよ」 「山岸さん、おはようございます、昨日はすみませんでした」 謝る東洞に近づいてきて… 「いや、尊くんには刺激が強すぎたよな」 ポソっと耳打ちし… 「……」 「ま、気にしない気にしない、仕事頑張ろーぜ」 そう肩に腕をかけて笑う山岸。 「はい…」 山岸さん、苦手な相手だけど、うまく付き合わないと…立派になって成長を国近さんに見せれば、きっと褒めてくれる筈だから… 終業後、誘いをかけてくる山岸をなんとか交わしながら、日々が過ぎていき、明日で国近の出張が終わる。 出張中は迷惑にならないように電話も我慢して、戻って来るのを心待ちにしていた。

ともだちにシェアしよう!