21 / 104

望まぬ罰則1

「3年A組の八雲氷雨くん、2年A組の佐野悠馬くん、放課後生徒会室へ来てください。繰り返します──」  翌日の朝、こんな校内放送があった。放課後になるとすぐに悠馬は生徒会室へ向かったが、なぜ呼び出されるのだろうと首をかしげていた。 「おい、デク」 「隊長」 向かう途中の廊下で、氷雨に後ろから声をかけられた。彼は苦い面持ちをしていた。 「とうとう桐生様の耳にも入ったか。今回は派手にやり過ぎたな」 「中等部への忠告の件ですか? でも今さらって思いますよね」 納得していない様子の悠馬に、氷雨は信じられないものを見る目で返した。 「デク、お前は自分がやられたことを忘れたのか。僕が加害者で被害者はお前、この間の腕立て伏せの件で呼び出されてるんだよ」 「ああ、あのおしおきプレ……二宮金次郎じたてのアレですね。アレは俺がぬけがけしたのが悪かったんでしょう」 「それはそうなんだけど──お前はコルセットも着けてたみたいだし、顔も怪我してただろ」 「そうなんですよね、コルセット数日で外れちゃったんですよ。顔はまだ治りませんけれど、ずっと残るような痕にはならないんですって」 残念です、と続きそうな言い方だった。氷雨と悠馬の会話はどうも噛みあっていない感じがした。悠馬は怪我をさせられたことを、むしろ楽しんでいるようだったからだ。  そんなことを話していたら、目的の場所についた。氷雨は三度控えめにノックをした。 「入ってくれ」 中から友也の声がした。穏やかではない色を含んでいた。 「失礼します」 「八雲。君は悠馬──佐野悠馬に、ひどい体罰を行ったそうだな」 入るなり、デスクの奥に腰かけたまま友也が氷雨を睨みあげた。怒気を多分に含んだまなざしだった。 「ひどい体罰ではなかったですよ」 友也の問いに対してうなずいた氷雨の横から、悠馬が口を挟んだ。 「あのな。悠馬が腰を痛めて医務室経由でコルセットを支給されたこと、俺は知ってるんだぞ」 友也は苛立ちをあらわに言った。 「コルセットぐらい……」 「重傷だろ。それに顔の傷も」 「俺の顔なんか別にいいじゃないですか」 「よくない!」 友也が語気をあらげた。悠馬も氷雨も驚きに目をむいた。 「──とにかく、八雲は3週間の停学だ」 友也が書類を片手に言った。氷雨はぎゅっと唇を噛んだ。 「3週間……って、明けたら1週間後に中間テストじゃないですか!」 そう高い声を出したのは悠馬だった。友也はため息をついた。 「単位は足りているから留年はないし、八雲の元々の成績があれば、咲城大学にそのまま進学できるだろう」 「でも、希望の学部に行けるかどうか」 「それは八雲が悪いから仕方ないだろ。素行不良に違いないんだから」 友也が淡々と言った。いつもの彼らしくない言動だった。  そして氷雨からの視線を受け、友也は氷雨に顔を向けた。 「八雲。何か言いたそうだな」

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

R18 逃げるように訪れた瀬戸内の島で若い男に出会い、海に抱かれるような激しく安らかな一夜を過ごす。
...31
5話 / 9,992文字 / 304
2017/7/31 更新
幼馴染は天才だった。俺の誕生日である今日のうちに、どうあってもその天才を、俺は、俺だけのものにしたい
...172
8話 / 25,309文字 / 684
2017/9/1 更新
「あなたには向日葵より、百合が似合いますよ」 ――雨の日、駅で出会ったのは美貌の神父だった。
4話 / 18,603文字 / 0
2017/10/9 更新
神たる俺に恋愛は要らない! だけど俺は、あいつの嫁♥
...49
20話 / 10,000文字 / 47
2018/6/3 更新
高校デビューヤンキー(後輩)✖️高校最恐剣士(先輩)
2話 / 1,226文字 / 0
3/8 更新
俺は好きな人を食べました。