16 / 96

二章

「さっき…俺を嫌いだと言いましたが、」 耳の中へ吐息を吹き込んで、 「……こうされるのは、嫌じゃないでしょう?」 尋ねた。 無視を決め込もうとする彼に、 「……何も答えないのなら、痛みで泣かせてもいいんですよ?」 言い下すーー。 「いい加減、どっちが上なのか理解してもらわないと、何をされても知りませんよ」 俺の言葉に、 「……痛いのは、嫌だ…」 口を開いて言う。 「……だからそうじゃなくて、こうされるのが嫌なのかどうかを聞いてるんです」 あいた口に舌をぬらりと滑り込ませた。 「んっ…うぅ…」 「言えないのなら、この俺をキスで感じさせてみてください。そうすれば、痛くはしないので」 彼の濡れた舌が緩々と巻き付いてくる。 「……そんなので俺が満足するとでも?」 「……う、んっ!」 喉の奥へ達した舌先が必死で絡め取られる。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

呪われた狼と、彼に惹かれる密命を帯びた赤ずきん。狼の呪いを解く運命の出会いはあるのか。
2話 / 18,087文字 / 7
2017/7/20 更新
バンパイアハンター見習と吸血鬼の悲恋もの?……多分(震え)
6リアクション
20話 / 74,708文字 / 24
2017/11/11 更新
看護師と医師の恋です。
30リアクション
11話 / 2,842文字 / 149
2019/6/8 更新
彼は僕の部屋に来るたび深いキスをおとす
23リアクション
16話 / 5,078文字 / 14
2018/12/9 更新
茶樹の精・人間の茶師・淫魔の三人が紡ぐ、名前のない愛の物語。
23リアクション
6話 / 16,184文字 / 40
2019/1/23 更新
アザミとマツバの百合プレイ
75リアクション
1話 / 4,079文字 / 671
2019/8/12 更新