34 / 43

依-19 海夏さん

夏道が鈍感なのをいいことに、本当の事を言わないでいる。 俺はいつまで耐えきれるだろうか。 いつまで曖昧な関係のまま、気持ちも隠し続けるのだろうか。 身体はガチガチに固まっているが拘束されている感覚は無かった。夏道は先に起きたらしい。瞼をゆっくり開けてみると、目の前に誰かが並んで横になっていた。頬杖をついてこちらを見ている。夏道ではない…小柄な……女の人? 「わっ!」 「アハハッ!」 誰か分かった衝撃で目が覚めて、飛び起きると後ろの本棚に頭をぶつけた。 夏道のお姉さんだ。 「海夏( み か)さん……」 「おはよう。相変わらずからかい甲斐があるねぇ」 「おはようございます…」 海夏さんは悪戯に笑いながら起き上がると布団を片付けるように言ってきた。 「アイツは走りに行ってるから。先にご飯食べちゃお」 「はい」 顔を洗って戻ると、テーブルには既に食事が並べられていた。向かい合わせに席に着いて手を合わせると、海夏さんは早速自分のペースで食べ始めた。 起きてから流れるように食事まで頂いている。俺が泊まったのも、会うのも久々なのに、この人はいつも通りの素振りだ。それは少しくすぐったくて、小さい頃この家で過ごしていた時期を思い出した。 まるで三人姉弟のように相手をしてもらっていた。色々とからかって俺の反応を見て楽しんで、夏道は庇ってくれたりもしたけど、二人が結託して俺は遊ばれる事が多かった気がする。 先ほどの事は、こちらの台詞だと思った。相変わらず俺をからかうのが好きらしい。色々思い出したお陰で、変な緊張感はすっかり解けていた。 「あ、そういえば、家を出るって聞きました」 「ん? あぁ、出るよ。彼氏と同棲すんの」 「彼氏……?」 「一人暮らしは金銭的にキツイからさ、彼氏んとこに転がり込もうかと。家賃とか折半してさ」 「へ、へぇ……」 彼氏……あの海夏さんに……よくできたな。 「今、失礼な事思ったろ」 「そそんな」 「アンタの顔分かりやすいからね」 いや、いじわるな面もあるけど面倒見のいいお姉さんである。少し厳しいけどその分しっかり者なので、リードされたい相手ならきっと相性は良いだろう。はい。 海夏さんはあいつとは真逆で勘が鋭いから、俺の思っている事はいつも見透かされていた。今も当てられて、その恐ろしさを再認識した。 ふと、進めていた箸を止めた。 こう言うのも何だが、俺は、当時は今以上に夏道の事しか考えていなかった。なので今更に思う所がある。 もしかすると、この人にはバレているかもしれない。 本当に今更だけど。 「アンタ等も付き合い始めたんでしょ?」 「はいっ?」 「前に夏道が嬉しそうに話してきたんだよ。大変だねぇ、アンタも」 何故話すのかな、あの野郎。 でも恋人という訳では無い事も知っているならセーフか……? そうだとしてもおかしな関係を家族にしかも嬉しそうに言うなよ……。 「好きな相手にそんな関係を迫られたアンタには、同情するわ。我が弟ながら馬鹿だよねぇ」 「………」 変わらないテンションでそう言ったこの人は、ご飯を頬張って咀嚼している。 俺は口に含んでいたものをお茶で流し込んだ。コップを静かに置いても、残った氷が俺を嗤う様にカランと鳴った。

ともだちとシェアしよう!