24 / 192

24

元・木鳴弘文、現・下鴨弘文視点。 「しゃわんな!! しっしっ!! されっ!」     家に帰ると少女特有の甲高い声が聞こえた。興奮している。  玄関から近いわけではない子供部屋にいるのなら扉を開けているにしても大声で騒ぎ過ぎだ。  騒いでいたところで隣に住んでいるのは康介の両親なので気にしないでいてくれるが、甘え過ぎはよくない。  声の聞こえてくる部屋の中を覗き込むと少女にぬいぐるみをぶつけられている久道がいた。  近くにはクッションを抱きしめて眠っている康介の姿。  久道が康介を起こそうと近づいたので癇癪を起したのだろう。  少女はもうすぐ四歳になる長女の弘子だ。    幼稚園から弘子が帰ってくるのを待っている内に康介は眠ってしまったんだろう。  弘子の送り迎えは今は久道がしている。   「コウちゃんにちかよんなって、なんど言ったらおわかりかっ!!」    ヒステリックなこの長女は生まれる前から康介の周辺囲い込み対策としてこれ以上になく優秀だった。  わが子ながら惚れ惚れする才能だ。      長男が生まれ、翌年に次男を妊娠した下鴨康介は出産目前のある日、離婚届をほしがった。  バカだアホだと思っていたが性根が腐った人間だと感じたのはこれが初めてだ。  次男を産んだら自分の役目は終わり。そう思っていたらしい。  本気で考えられない。  親としての自覚が全くない。  人として間違っている。    結婚して家族になったことを忘れたのかと空っぽな頭をのぞいて見たくなった。  康介の頭の中に一体何があるんだ。    家族はそばにいる他人じゃない。  運命共同体だ。  家族というものに夢を見ていることは否めないが夢も希望もなさそうな康介よりもマシだ。  学生結婚になってしまったので下鴨、木鳴の両家から援助を受ける形で生活しているとはいえ結婚は契約じゃない。  康介は結婚を書類だけのことだと思っていたようだ。  正直、どうかしている。  常識を学び直させるために通信制の学校に通わせるべきか悩んだ。  長男に絵本の読み聞かせをしているので一般的な道徳心が養われるだろうと思って放置したのがまずかったのかもしれない。  康介は普通じゃない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

《オメガバースR18》だけど、どうしても目で追ってしまう、この感情の名前を俺は知らない。
107リアクション
20話 / 8,544文字 / 154
2017/6/8 更新
『君じゃなきゃダメなんだ…』
4リアクション
12話 / 6,151文字 / 20
2017/8/23 更新
四組の壮大な一年の恋を描いた、高校生ストーリー
107リアクション
19話 / 19,095文字 / 20
2018/6/29 更新
12リアクション
97話 / 77,725文字 / 17
11/13 更新
同期入社のくせ毛みたいな髪の優男と黒髪可愛い系の惚れあうのに罵り合うコンビ
118リアクション
37話 / 29,628文字 / 127
8/21 更新
ゲイである大学生の直央は同棲しようと思っていた幼馴染に失恋する。傷心のまま一人暮らしを始め・・
51リアクション
61話 / 851,714文字 / 0
9/8 更新