4 / 17

第4話

 その男の近くまで行くとふわりと甘い香りが鼻を掠めて、心臓がどくんと跳ねる。 (何のにおいだ……?) 『なかなかの腕前だったな。剣も習っていたのか?』  黒髪の男を見ながら、甘い香りの正体を探る。毒か、眠り薬か。いや、それなら自分たちにも影響があるからこの場では使えない。だとすると誰かのフェロモンか香水か。  そんな風に考えを巡らせていたら、ここまで先導してくれた金髪の男が、再びグイッと縄を引っ張った。 『おい、ルイ様に答えろ!』 『──レオ、いい。下がっていろ』 『はっ、失礼致しました』 『リアム。今日からお前の主人となるルイ・ブライスだ。よく覚えておけ』 『…………皆は、どうするつもりだ』  リアムの無礼な態度のせいか、先ほどのレオと呼ばれた男が前に出ようとして、ルイが片手で制止する。 『ローレニアへ持ち帰って奴隷にする』  予想していた通りの答えにリアムは拳をぎゅっと握り締め、少しの間を置いたあと頭を下げた。 『っ……頼む。皆を逃がしてやってくれ』 『それは無理な頼みだな。逃がしたとして代わりに何を差し出す?』  そう言われてしばし考えたあと、顔を上げ静かに口を開く。 『俺の魔力は……平均の二十倍ある。六年間鍛錬したから高度な魔法も使える。好きに使ってくれていいし、ルーティアとルーティア人を傷つけること以外ならなんでもする』 『ほう、それは面白い。自己犠牲してまで仲間を助けるのか』 『そうだ』  ルイは楽しそうに笑って、馬の手綱を引き寄せると、リアムから目を逸らした。 『魔力も興味深い。だが、残念だな。お前は捕まった時点で俺の物だ。それは代わりにはならない』 『っ……じゃあ、どうすれば逃がしてくれる』 『諦めて受け入れろ』  自分の中で最大限の提案が却下され、(わら)にも(すが)る想いで問いかけるが、ルイは静かにそう言い放った。  戦に負けた者は勝ったものに従う他ない。これが世の常だ。今回は先輩たちのように鏖殺(おうさつ)されなかっただけマシなのかもしれない。そう自分に言い聞かせて、周囲を見渡し仲間の命があることに感謝する。  ルイは毛並みが美しく上等そうな馬に乗ると、片方の手で手綱を握ったまま、反対の手を差し出してリアムを呼ぶ。 『特別に乗せてやる。来い』 『……お前と一緒なんて、お断りだ』 『そうか、残念だ』  リアムの言葉遣いにルイの部下たちは顔を引き攣らせるが、当の本人は愉快そうに笑ってその手を引っ込めた。

ともだちにシェアしよう!