13 / 17

第13話

 そのまま捨てられたとしても、共に過ごすことになったとしても地獄なのだから、番になった相手を殺して番の解消を試みる者もいるだろう。故に、普通の感覚の人間なら、番にしようなどと恐ろしいことは絶対に考えない。  そんなのは嬲り殺すのが好きな酔狂な人間のすることだ。 「いくら捕まったからって番になるわけないだろ! それともこの国はそんな酷いことが許されるのか!?」 「──はあ。少し静かにしろ」  ルイはこれ見よがしにため息をついて眉を顰めた後、靴を脱いでさらに体を密着させてくる。 「近づくな! ほ、他にもっと奴隷として有意義な使い方があるだろ」  自分自身を奴隷と呼ぶことに抵抗があったが、それも抱かれることや番になることに比べれば些末なことだ。 「十分有意義だと思うが? 何もこれだけがお前の役目じゃない。さっきも言ったが、魔法の使い手としてもちゃんと働いてもらう」  軽い押し問答の末、説得は無駄だとわかり、体での抵抗を強める。  じたばたと手で押し、足で蹴飛ばし、枕を叩きつけて後ずさる。敵地で、こんな狭い部屋の中で、魔法を封じられた状態で。逃げられるとは思っていないが、すんなり受け入れられるほど物分かりは良くない。  あわよくば、可愛げのない姿に幻滅して、このまま萎えてくれればいい。手軽に処理できる奴隷という立ち位置から、手間のかかる面倒な奴隷という立場に格下げされれば万々歳だ。  魔法使いとしては働くつもりでいるけれど、そちらの世話をしてやるつもりはない。 「離せ!」  だが、ルイはじっとこちらを見つめた後、おもむろに口を開く。 「────お前が背負っていた友人。あれは体が弱そうだな」  唐突な話の切り出しに不穏な気配を感じ取り、リアムは眉間にシワを寄せる。 「……だから、なんだ」 「酷使したらすぐに倒れそうだ。仕事にはあまり使えなさそうだから、皆の新しいおもちゃになるか、いや顔が綺麗だから高く売れるか」 「何が言いたい!」  語気を強めれば、ルイは眉を上げて言う。 「分かるだろう? 取引してやると言ってるんだ」 (取引……?) 「…………抱かせてやる、と言えばラファエルを助けるとでも?」 「ああ。解放してやることはできないが、アンドレ中佐につけてやろう。アンドレは優しいからきっと大事にしてくれる。中佐のものになれば他も手出しできなくなるだろう」  ルイの提案にリアムは眉間のシワをさらに深めて、強く睨み付ける。 「…………卑怯だ」 「嫌なら放っておけばいい。それに。取引せずとも今ここで無理やり抱くこともできる」  そう言って、硬いベッドに押し倒される。自分よりも大きく、基礎体力も勝る相手に力では敵うはずもなく、手首を押さえつけられて身動きすらできなくなった。とっさに魔法を使おうとしたが、バングルが目に入って舌打ちする。

ともだちにシェアしよう!