2 / 10

第2話

なぜ仕事終わりの俺が、1人でラブホテルに行くようになったかというとそれは先輩からの勧めだった。 「ビジネスホテルに泊まるぐらいならラブホいいよ。」 「えっラブホって、ラブホテルですか?」 「そうそう。だってさ、ビジネスホテルは普通の部屋にシングルベッド、朝食付きだけだろ?ラブホはベッドはでかいし、風呂もトイレも綺麗で飯もついてる。そして何よりオカズが豊富だ。」 「な、なるほど…!」 そんなこんなでラブホテルにドキドキしながら1人で泊まってみた。簡潔に結果だけ言おう。すこぶる良かった。 俺は元々性欲が強くて、1日の終わりは抜かないと眠れない。寝酒ではなく、寝射精が必要な男だ。 そんな俺にはラブホテルは天国だった。そして、全国様々な場所に出張に行く俺は、出張先で色んなラブホテルに行ってはしっかり抜いて、賢者タイムに気持ちよく眠っていた。 そんな生活が数ヶ月続くと人間は慣れるもので、ラブホテルで抜くのもマンネリ化していた。そんな時、あるラブホでコスプレがあることに気づいた。男も着れるのかと思いながら女子高生の制服を試してみると、細身だった俺は難なく着ることができ、制服を着ながらオナニーをふると何とも言えない背徳感と高揚感が俺を支配した。 それを機にガタが外れたのか、コスプレだけではなくAVを観ながらアナル開発にまで手を出し、そして今やコスプレをしながらアナルにバイブを突っ込み、その姿を飯や衣装を届けにくるラブホの従業員に見せて興奮すると言う、誰にも言えない性癖になってしまったのだ。

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ブラウスの下のふくらみは、男の胸筋のそれじゃなかった…
...8
1話 / 7,818文字 / 39
9/4 更新
女装は興味ないけど生徒のためなら!
2
10話 / 6,958文字 / 0
9/6 更新
片思いしているアイツに突然「イベントでコスプレして!」と頼まれた!
7
2話 / 4,052文字 / 20
9/9 更新
アイドルが制服を着たら、不良×優等生プレイは必修科目。
6
5話 / 8,106文字 / 20
9/17 更新
羽空市役所会計課主計係の須知草平には、長年憧れていたヒーローがいた。
...300
6話 / 8,409文字 / 200
12時間前 更新
幼馴染の先輩後輩。初めて二人で迎える文化祭のお話。
1話 / 708文字 / 0
3分前 更新