3 / 10

第3話

コスプレ⑦番が来た。俺はシャワー室で身体とアナルを綺麗にした後、衣装に着替える。 「ん?これ難しいな……。」 頭のキャップがうまくいかず思考錯誤しながら何とか着用し終える。鏡張りの前に立ってみると俺はその破壊力に思わず顔を手で覆った。 「おおぉ……やべえ、興奮する。」 少し落ち着いて全身を凝視すると、鏡には白衣の天使、ナース服を着ている自分だった。 しかしエロ用のナース服。乳首の所はハート形にくり抜かれ、俺の薄茶色の乳首が真っ白の服から主張していて、さらに異常に短い丈から真っ白なレースのパンツ(パンツは自販機で追加購入したよ!)が見え、すでにそこは甘勃起している。そして脚には白のガーターベルト。すね毛は処理しているので白が似合っている。 俺は早速ローションをたっぷり手に出してアナルを弄り、少しずつ拡げていく。前立腺をすぐに見つけ、重点的にそこを触るとレースの下着を窮屈そうに持ち上げ、先走りで慣れていく。 「あっああっ!…気持ちい…っ。」 アナルに指が3本分入ると、枕元に置いていた紫のバイブを手に取り、くぷぅ…と緩くなった蕾の中に入れていく。 「はああぁ〜…っ!きたぁあっ…」 無機質な太い物体がアナルに侵入し、指では届かない場所まで入っていく。ゆっくり上下させるとローションの卑猥な音がグプッ、グチュッと響いてくる。 緩い上下ピストンで気持ちを高ぶらせて、ドキドキしながらバイブのスイッチを押す。 ブブブブ…… 「あああっ!んあ!あっあっ!」 バイブがアナルの中でグネグネと動き回りながら振動すると、腸壁を無造作に刺激し、敏感な前立腺にも強く振動がきて気持ちがいい。鏡に目線を向ければ、ナース服を着て、尻にはバイブを突っ込んでちんぽ勃たせながら、トロトロの顔になっている俺が見える。 (ああっ!ヤバい、エロすぎる…!) 「あっ!あああっ!イク!気持ちいい!イっちゃう!あ、あっ、あああ〜っ!」 ラブホはいくら声を出してもOKだ。俺は遠慮なく隠微な声を出して、そんな自分の姿に興奮して、俺は迫り来る快感を受け止め、下着の中で吐精した。

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

友達に無理やり連れていかれたコスプレ喫茶…。そこで出会ったのは天使のように可愛い女の子(仮)。
15
10話 / 4,380文字 / 0
18時間前 更新
誰がなんと言おうと、これは男のロマンだ。
...107
6話 / 6,593文字 / 0
9/20 更新
自称・邪神に海底神殿に連れ去られ、何故かスライムと戦うことになったまどかの運命や如何に!?
1
8話 / 9,685文字 / 16
9/14 更新
犬の獣人のアロマセラピストα×猿の獣人のアロマ調香デザイナーΩ
恋人のりっちゃんにどうしても女子高の制服を着て欲しいアキの話。
2話 / 4,601文字 / 0
9/17 更新
まわれ、いとぐるま。この縁をつなぐように
1話 / 1,960文字 / 12
5時間前 更新