161 / 178

【28】-6

「引っ越す……」  頷くと、拓馬も頷き返した。 「じゃあ、もう荷物もそんなにないんだし、今夜からでも上の階に行ってやれよ」 「え……」 「玲、あれきり一度も泊ってないじゃないか。あの人、拗らせると面倒だし、あんまり我慢させるのはよくないぞ」  引っ越しの準備も急ごうなと拓馬は笑った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

40代会社員と20代大学生のささやかな日常的恋愛譚
21リアクション
1話 / 2,049文字 / 69
2017/6/12 更新
この世で結ばれるなら俺は何ものも厭わない
117リアクション
21話 / 68,038文字 / 84
2017/11/28 更新
俺って残念過ぎるんじゃないかな……(´д`|||)
180リアクション
61話 / 41,721文字 / 97
10/13 更新
ヒプノシスマイクの伊弉冉一二三×観音坂独歩の二次創作作品
2リアクション
40話 / 23,318文字 / 60
4/10 更新
今朝恋人と別れた。自分のためだった。
8リアクション
1話 / 9,700文字 / 20
2018/11/20 更新
完結
紅い花
危険なクスリ遊び。男同士でアレしてみない?
9リアクション
9話 / 9,347文字 / 76
10/8 更新