46 / 110

第31話

今日は、お鍋かな? 『例年より全国的に気温が低いところが多くなりそうです』とニュースでお天気お姉さんが言っていた 思い出して急に温かいものが食べたくなった 「あ、白菜安い......」 買いものかごいっぱいに食材を買い込む なんか、主婦みたい...... 夕方5時頃 店内に親子連れのお客さんが多くなってきた 賑やかだなぁ 中には、お父さんがカートを押しているところもある いいなぁ、僕もあんな風に望月先生と...... 近くを通った親子に自分と彼を重ねる 望月先生......いいお父さんしてそう 先生との子供とか......可愛いだろうな~ ふわふわの金に近い茶髪で............ 「ちょっといいですか?」 「わわっ!?すみません!どうぞっ」 お肉売り場の前で妄想に浸っていた僕は、相当邪魔だったようだ って!なんだ!僕、なに妄想してんのさっ! 望月先生と僕の......こっ子供だなんて! まだ、恋人でもないのに......! あれ? 僕は、なんで......ヒートでもないのに望月先生の家に居るんでしょう?

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

いつまでも失くした過去に囚われる司くんと、それでも大好きな颯真くん
...41
8話 / 41,724文字 / 213
2017/6/17 更新
...19
8話 / 2,589文字 / 68
2017/7/1 更新
河崎正義(26歳)×花梅竜二(12歳)、おにショタです。
2
3話 / 11,670文字 / 62
2017/9/1 更新
完結
今は、
彼は『僕』を抱く。ただ、僕は『僕』を見て欲しい。
1話 / 1,832文字 / 20
2017/11/18 更新
本気で人を好きになることなんてないと……そう思っていたのに。 不慣れな二人が織りなす不器用な恋──。
...71
44話 / 86,282文字 / 20
2018/10/1 更新
仕事がデキル店長とそれが気に食わない整備士のお話です
...47
8話 / 11,828文字 / 32
8/29 更新