6 / 14

06

 本当は、口付けに没頭してる。  この先にある行為を、期待してしまって、いる。  だけど、夢中になってしまうのが、飲めり込んでいくのが恐ろしいから、カタチだけの悪足掻きは、やめられない。 「ん、も……くるし……っ」 「……いい加減、鼻で息するの覚えたら?」  唇を離して、顎に伝った透明な唾液をつう、と舐め上げながら、男は揶揄するように囁く。 ……だから、それができたら苦労しないって。  やつが話すたびに、吐息が唇を掠め、濡れたそこが冷える。  それほど、顔の距離が近いんだろう。  想像するだけで、恥ずかしい。 「うるさ……っん、ぁ」  赤い顔に気付かれないように悪態をつこうとした瞬間、首筋に唇が触れて、舌が這う。  ちろちろと舌先で擽るように舐められて、それは耳にまで上がる。  柔らかな耳朶を唇で食んでくるのを、俺はただ震えながら堪えた。 ──身体が、熱い。  どうしようもないくらいの熱情が、俺を蝕んでいく。 「これ、邪魔だから取っちゃおうか」 「いやだ、寒いって……!」  ばさ、と衣擦れの音がして、掛け布団を剥ぎ取られる。  中途半端に身体から離れたそれは、重みでベッドの下へとずれ落ちた。  急に外気に晒された俺は、夜の冷たい空気に身を震わせる。  ばかじゃないのか、寒いっての。  ひんやりどころじゃない、刺すような寒さにすぐに体温が奪われて、足先が冷たくなっていくのが分かった。 「ひぁ、やだ……、」  さっきまで暑かったくらいの体温だったから、余計に寒く感じてしまう。  少しでも暖をとるように足をシーツに擦りつけると、男はからかうように、悪戯な声で囁く。 「大丈夫、すぐにあつくなるよ」  冷えた身体に熱が宿る、低音のいやらしい声。  顔は見れないけど、きっとこいつは、愉しそうな、意地の悪い笑みを浮かべてるに違いない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

オメガバース。恋人の雅己とのことで悩む慎吾の前に現れたのはオッサン天使で……。
70リアクション
5話 / 18,500文字 / 465
2017/9/16 更新
箱庭のような部屋に、弟と二人。けれど時間は止まらない。
172リアクション
4話 / 6,669文字 / 40
6時間前 更新
オメガ収容所から、とある小説家の元へ使用人として引き取られた僕は、ご主人様の為に働く日々。
50リアクション
5話 / 6,954文字 / 20
3時間前 更新
執着の強いα×親友αに失恋したβ
517リアクション
7話 / 25,488文字 / 60
5時間前 更新
Ωへの医療行為が禁止された理不尽な世界で、運命に惹かれ合ったαとΩのお話。
164リアクション
19話 / 33,575文字 / 40
11時間前 更新
ねえ、愛してるから、僕のオメガになって──?
40リアクション
5話 / 21,548文字 / 40
6時間前 更新