16 / 57

憎くて愛しい俺のエネミー 15

 寮長室に飛びこんで荒々しくドアを閉める。モモンガが入ってこられないように鍵をかけると、俺はその場に崩れ落ちた。  ……こ、怖かった。もうちょっとで人食いモモンガに頭から丸ごといかれてしまうところだった。相手がいかつい男じゃなくって、女の子と見間違えてしまうくらい可愛い姿かたちをしていたのが、俺の恐怖心をいっそう煽った。  前の学校の友人たちに全寮制男子校に転校することを伝えると、 「男に襲われないように気をつけろよ」  笑いながら警告された。俺はそのとき、 「半年後には彼女じゃなくって彼氏がいるかもな」  笑ってそう答えた。  もちろん俺も友達もただの冗談のつもりだった。だって、いくら男ばっかりの環境だからといって、男が男に走るだなんて思わないではないか。  監獄ならいざしらず、ここは一応は東京だ。バスと電車に二時間ほど揺られれば渋谷や原宿の街にだってたどりつけるのだ。  事実は小説よりも奇なりとはよく言ったものだ。恐るべし、全寮制男子校。 「えらくあわててたけどなんかあったのか?」  森正の声にハッとして顔を上げる。焦るあまりまったく視界に入っていなかったが、俺が部屋を出ている間にもどってきたらしい。  森正は勉強机の椅子に座り、ポッキーを食べながら不思議そうな顔で俺をながめていた。 「森正……」  男の中でも特に男っぽい顔が視界に映り、俺はほーっと息を吐いた。さっきのモモンガとの落差が凄まじいが、どちらかと言わずともこっちが普通だ。いや、森正は森正であまり普通とも言いがたいのだが、モモンガに比べればよっぽど普通だ。  モモンガ干城みたいな生徒ばっかりだったらどうしようかと思ったが、そんなことがあるはずない。いくら全寮制男子校とはいえ干城みたいなのはイレギュラーで、俺とか森正みたいに男になんてまったく興味がない奴らのほうが圧倒的多数に決まっている。 「いや、ジュースを買いにいったらおかしなのに――って、なんだってもうそんなに散らかってるんだよ!」    俺は愕然とした。  片づけたばかりの机やベッドの上に紙くずだの雑誌だの靴下だのが散らばっている。ついさっきかたづけたばかりなのに。 「せっかく人が綺麗にしたのに、一瞬で元にもどすな!」  床から立ち上がって森正に詰め寄る。 「ああ、おまえがやったのか。どっかから小人さんが湧いて出て、部屋を掃除したのかと思った」 「おまえはアホか! そんな都合のいい小人がいるわけないだろ!」 「それがいるんだよ。どこからともなく現れて部屋を掃除してくれる便利な小人さんが」  森正は実に荒唐無稽なことを真顔で言う。小人なんて童話の中にしか存在しないとわかっていても、真面目な顔で言われてしまうとついうっかり信じてしまいそうになる。 「そんなにイライラすんなよ。これでも食って落ちつけって」  森正は手にしていたポッキーの箱を差し出してきた。 「あ、サンキュ」  ポッキーに手を伸ばしかけてはたと気づく。後で食べようと思って机の上に出しておいたポッキーの箱がなくなっている。 「おい、ちょっと待て。これって俺の机においてあった奴じゃないのか」 「ああ、そこに落ちてたからもらっといた」 「そういうのは落ちてたじゃなくっておいてあったって言うんだよ! なに人のもの勝手に食ってんだ! 返せ!」  森正の手からポッキーの箱を取り返したが、中身はもう三本だけだった。腹立ち紛れに三本まとめてバリバリと噛み砕く。  ああ、もうムシャクシャする。このままだとムシャクシャするあまり、寮の中を意味もなく雄叫びを上げながら暴走してしまいそうだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

76リアクション
12話 / 10,122文字 / 256
2017/11/20 更新
3リアクション
44話 / 10,659文字 / 26
11/2 更新
睡眠姦・リバ・チャラ男受け
194リアクション
4話 / 19,029文字 / 649
2018/8/3 更新
犬猿の仲と言われる音楽科と普通科。音楽科に在籍する響也は自分の音を探し求める日々を送っていたが…。
1,117リアクション
116話 / 251,544文字 / 305
6/26 更新
完結
7/24
校則違反常連後輩×真面目生徒会長
9リアクション
2話 / 9,180文字 / 60
5/24 更新
医者×研修医BL小説。第2弾。
126リアクション
23話 / 17,971文字 / 72
11/21 更新