17 / 101

憎くて愛しい俺のエネミー 16

 俺は勉強机の椅子にどさっと腰を下ろした。  片づけたばっかりの部屋を散らかされるわ、得体の知れないモモンガに迫られるわ、ポッキーは勝手に食われるわ、森正は俺を覚えていないわで最悪だ。  もう嫌だ。こんなところにあと一秒だっていたくない。家に帰りたいと切実に思ったが、帰るべき家は母親が売っぱらってしまった。今となってはこの春宵寮だけが俺の居場所だ。  俺は両腕に顔をのせて、隣に座っている幼馴染みでありライバルでもあった男をギッと睨みつけた。  こいつさえ俺のことを覚えていたら、今からでもいいから思い出してくれたら、ここまで荒んだ気持ちにならずに済んだのに。  俺が睨んでいるのに気づかないはずがないのに、森正は俺を見ようともしない。昔は違った。睨みつければ不敵な笑みか拳のどちらかが返ってきた。  ……だめだ。腹立たしいのを通り越して泣きたくなってきた。 「そろそろ風呂に入っといたほうがいいんじゃねえの」  ようやく俺を見たと思ったら、森正は唐突に言った。 「風呂? いや、まだ早いだろ。夕食を食べ終わってからでいいよ」  窓の外はかなり暗くなってきているが、焦って風呂に入るような時間でもない。なんだっていきなり風呂に入れと言い出したのか、と疑問に思って森正の顔をながめると、嫌な感じの笑みが返ってきた。 「そろそろ岸田さんがここにくるころなんだよ」 「岸田先生が?」  俺の脳裏に浮かんだのは白髪交じりの髪をした、なかなか見栄えのする男性教師だ。  岸田先生が寮長室を訪れるのは少しも不思議じゃない。寮監督として寮長の森正と話をすることなどいくらでもあるだろう。が、岸田先生の訪問と俺の入浴にいったいどんな因果関係があるというのだ。 「汗臭いと岸田さんに嫌がられるぞ。今のうちに風呂に入っとけって。つうか、おまえ、岸田さんからなにも聞いてねえの?」 「いや、特には聞いてないけど……。なんの話だ?」  そこはかとなく嫌な予感が立ち昇ってきたのは、森正がまるで森正らしくない表情をしているせいだ。唇に浮かんだ陰湿な笑みは悪意すら感じさせる。  この男は喧嘩っ早いし、いちいち人にムカつくことを言ってくるし、史上最大級に腹の立つ奴だったが、中身はいたってさっぱりしていた。少なくとも俺が知っている小学校六年生までの森正はそうだった。 「ここじゃ転入生は性欲処理担当なんだよ」 「……は?」  せいよくしょりたんとうがすぐには漢字に変換できなかった。 「ま、転入生なんて滅多にこないから、いつもは身体が小さくて女のかわりができそうな奴がやらされることになるんだけどな。幸いっつーのか、今年はおまえが転入してきたからさ。ここ男しかいないだろ? そーゆー奴が必要なんだよ」  ……俺はありとあらゆる能力に秀でているが、言語能力もなかなかのものだと思う。その俺の素晴らしい能力を持ってしても、森正の言っている意味を理解するのには少々時間が必要だった。理解するのを脳も心も全力で拒否したからだ。  つまりこいつらはこの俺に男のアレを手や口であれこれさせるつもりでいるらしい。  あり得ない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

豪太と広海の夏、再び!
211リアクション
12話 / 8,713文字 / 260
2018/9/2 更新
天然ノンケ×卑屈ゲイがゆっくり幸せになっていく話。本編完結済み
513リアクション
140話 / 180,858文字 / 223
2019/9/28 更新
「本日のディナーは勇者さんです。」番外編集+リクエスト作品
13,887リアクション
49話 / 71,094文字 / 1,208
1/17 更新
あれから10年、気付けばあっという間の時間をこれから10年また広斗と過ごすことを俺は確信している。
428リアクション
9話 / 8,354文字 / 265
2019/4/30 更新
完結
oración
いつ何処に生まれて来ても必ず迎えに行くから
4リアクション
17話 / 15,857文字 / 0
2019/10/18 更新
連載中
idle
アイドルは輝いてるだけじゃない
8話 / 3,081文字 / 0
2019/12/30 更新