4 / 14

第4話 銀の猫

そうしていると、するすると襖が開いて紅月が戻ってきた。 「おやおや、良かったね藍。雅仁に可愛がってもらえて」 藍が照れたようにそっと雅仁の後ろに隠れる。 「隠れなくてもいいじゃないか、藍」 「いえ、あの」 何と答えていいのか、藍が初めて顔を赤らめてもじもじしている。 一方紅月は元の文机にもたれて手でぱたぱたと顔を扇いだ。 「ああ、楡の聞きわけが悪くて私がのぼせかけたよ。まったく、風呂くらい素直に入れないものかねえ」 今度は暗紅色の浴衣に、薄葡萄に大輪の白菊の打掛を肩に掛けている。湯で温まってより紅くなった唇と相まって色気を増している。 「あ、あの、只今酒肴の準備をいたします」 藍が慌てて立ち上がると、紅月が手のひらで押し留めた。 「いいよ。今(にれ)が支度しているから。……ああ、立ったついでにそろそろ香を片付けておくれ」 「畏まりました」 文机の前にあった香箱を持って、藍が部屋を出て行く。 「紅月。酒、美味いぞ」 雅仁は紅月に向かって猪口を掲げて見せた。 「だろう?今日のために用意したんだからねえ。雅仁に気に入ってもらえて良かったよ」 にぃっと目を細めて満足そうに紅月が笑った。 「もう、楡ったら遅いねえ。雅仁、一杯おくれ。私も楽しみにしてたんだよ」 雅仁は空になった猪口に酒を注ぎ直して紅月に渡した。 紅月は白魚のようなすんなりした指で猪口を持つと、紅い唇をつけた。 「はあ。いいじゃないか。香りがいい」 嘗めるように少しずつ酒を口に含む。 うっとりと目を閉じて、文机に体を預けている。 まるで一枚の絵のような光景だ。思わず雅仁は紅月に見惚れていた。 「失礼いたします」 藍ではない少年の声が廊下から聞こえ、雅仁ははっと我に返った。 ややむすっとした雰囲気の少年が、紅月の分の酒肴の膳を運んできた。 藍より少しだけ年嵩に見える。9、10くらい。 「ふふ。楡、ようやく乾いたのかい」 紅月は手にしていた猪口をぐっと干すと、雅仁に返した。 膳を紅月の前に置いた少年を抱き寄せると、耳に口づける。 ただし、耳とは言っても猫の耳だ。 銀色の髪をした彼の頭には、ぴんとした猫の耳が二つ立っていた。 大きな目は少し目つきが悪いが、瞳が金色をしていて、瞳孔が三日月のようだ。 腰の辺りからは銀色で長く細い尻尾が二本生えている。 「猫、又、か?」 雅仁は唖然としながら訊いた。 「そうだよ。先月拾ってね。まだ成りたてだから変化が上手くできないのさ。ふふ。可愛らしいだろう?」 紅月が腰を抱いたまま頬に唇を触れると、恐れを知らない楡はふーっ!、と総毛立てて主を威嚇した。 紅月は構わず笑顔で猫耳を撫で付ける。 「楡、貴方どなたに向かって何をやっているのか解っているの?」 意外な所から叱責の言葉が飛んできた。 楡を睨んでいるのは、ちょうど戻ってきた藍だった。 どうやら本気で怒っている。膝の上の握りこぶしが震えている。 「藍。これくらいいいだろう。落ち着きなさい」 逆に紅月が藍を止める。 「でも、ぬし様に牙を剥くなんて、そんなこと」 「可愛いものじゃないか。大丈夫、度が過ぎたらちゃんと仕置きをするから、ね」 仕置き、の言葉に、楡がびくりと飛び上がり、しゅんと大人しくなる。 ようやく徳利に手を伸ばし、しぶしぶといった感じで紅月に酌をした。 「そうそう。ちゃんとしてれば可愛がってあげるよ……なんだい雅仁、楡はあげないよ」 思わず楡を凝視していた雅仁は我に返った。 「いや、猫又の友人はいるんだが、人と猫が混じっている姿は初めて見たもので、驚いた」 京が猫又だが、猫の姿の時は完全に猫だし、人の形の時は、雅仁同様他の人間と見分けがつかない。 現に、今は人に化けて塾の講師をして糊口を凌いでいる。 「そうだね。この姿じゃ色々不便だからね。でもああ、ずっとこうだったらいいのに。ねえ楡」 「すぐにちゃんと化けられるようになります」 楡が強がる。それすらも紅月は好ましく感じるらしい。愛おしそうに頬ずりをした。 「ふふふ……。ああすまない雅仁。お前も湯殿を使っておいで。いつまでもその格好じゃ肩が凝るだろう?藍に案内させよう」 紅月は片手を上げると出入り口を示した。 「咲原様、ご案内いたします」 立ち上がった藍がにっこりと微笑んだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

R18 朝目が覚めたらラブホ! しかも隣にいたのは――義理の弟!?
207リアクション
5話 / 13,143文字 / 663
2018/4/24 更新
1話 / 1,672文字 / 0
2018/8/18 更新
高校生×リストラされ実家に戻ってきたおっさんの忘れられないハロウィン
54リアクション
4話 / 3,973文字 / 140
2018/10/9 更新
オフィスラブ 後輩×先輩
86リアクション
21話 / 25,828文字 / 291
11/20 更新
【R18】死にたがりの年上×大学生コンビニバイト
9リアクション
5話 / 6,877文字 / 44
2018/12/29 更新
完結
僕と貴方は鏡のようだ。
1話 / 713文字 / 0
3/2 更新