24 / 35

第24話 夜のはじまり

「するときの加賀谷さんは別人みたいです。そこが……少し怖いです」 「別人ね。それは自覚あるよ。晴之の反応を見てまずいと思った」 「でも加賀谷さんなら私を大切にしてくれるはずです。だから抱かれてもいいんです」 「それはどうかなあ。また自分の好きなように振る舞うかもしれないよ」 「だって、昨夜は私のことを気遣ってくれました。躯も拭いてくれました」 「ああ。あれは、晴之に謝らなくてはいけないなあ」 「気にしていないです。よくわからなくてびっくりしただけです」 「やっぱり気づいていなかったか」 何のことだろう。 見つめ返していると、加賀谷さんは笑い出した。 「起きたとき、下半身が濡れていただろ?」 「はい。私が出したから……」 「あれ、俺の精液も混ざっていたんだよ」 「え、どういうことですか」 「眠っている晴之の顔を見て、俺は抜いたんだ。で、おまえのあそこにぶっかけた。ごめん、あまりにも寝顔がきれいなのでやってしまった」 私は何も言えなかった。 そんな清々しい顔で謝られても困る。 「どうやってやったか、教えてやるよ」 「いえ、いいです」 「遠慮するなよ」 抵抗する私を加賀谷さんは、ゆっくりと押し倒した。 「ほら、こうやって足を開いておまえの躯を跨いだんだ。おまえの顔に息をかけて、色が白いなあ、まつげ長いなあって思いながら扱いたんだよ」 顔が思ったより近い。 こんな至近距離で見つめられていたのか。 「『晴之、晴之』って言いながら、いっぱい擦ったんだ。こんなことになったのはおまえのせいだって思いながら、おまえの上で腰を揺らしたんだ。俺が勝手に勃起したのにな」 加賀谷さんが私を見ながら、自分のものを弄っていた。 そんな大胆なことをしていたのか。 信じられない。 「俺が出したとき晴之は躯を震わせたんだ。起きそうになったんだよ。覚えているか」 首を振った。気づいたなら飛び起きている。 「あのときは焦ったよ。慌てて毛布をかけて晴之の頭を撫でたんだ。そしたら、また眠ったから安心したよ。それからずっと毛布ごと晴之を抱いていた」 「加賀谷さんが私を呼んでいたのは覚えています」 「何度も謝っていたんだよ」 「全然わからなかった……そんなことしていたなんて」 考えただけで頬が熱い。自分がしたわけではないのに、恥ずかしくなった。 「お、顔が赤くなってきた。やっとわかったな。自分がオカズにされることが」 加賀谷さんはとても楽しそうだった。 どうして加賀谷さんは、いやらしいことでも堂々と言えるんだろう。私は顔に出さないようにするのがやっとだ。 「あとさ、もうひとつ謝らなければいけないことがあるんだ」 怒るなよ、と言って加賀谷さんは私に軽くキスしてきた。 「風呂は壊れていない。晴之の部屋に泊まりたくて嘘をついた」 「言ってくれたらよかったのに」 「言えないよ、下心丸出しだからな。俺は勇気のない狼なんだ」 「勇気がないんじゃなくてやさしいからです。私のことを考えてくれるから」 「そう思ってくれるならうれしいよ」 キスをしながら、加賀谷さんは私のネクタイを解いた。 「やらせてくださいって土下座すればよかった。今日も晴之のことを考えて、部屋でしちゃったよ」 「またしたんですか!」 「ああ、いっぱいした」 「加賀谷さんって、そんなことしない人だったと思ったのに」 「理想をぶち壊してごめんな」 加賀谷さんは、色気のある笑みを浮かべている。 このまなざしの奥に、荒々しい野性が潜んでいるのか。 物静かな人なのに、頭の中は私みたいに淫らなことでいっぱいなんだろうか。 「晴之のイク顔や寝顔を思い出したら、何度も勃ってくるんだよ。やばいなと思ったけど止まんなくてさ」 加賀谷さんはいつもより饒舌になっていた。 「晴之。俺のものにしていいか」 「はい」 「後悔はさせない。最高の夜にしてやる」 とうとう、抱かれるんだ。今夜は曇りで星は出ていない。理想とは全く違う。それでもよかった。 加賀谷さんとひとつになれるなら、どんな抱かれ方でもいい。 加賀谷さんは私の服に手をかけた。何も言わずに手を動かし私のネクタイを外した。 私は、床に落ちた自分のネクタイを見つめた。誰かに解いてもらうのは初めてだ。 加賀谷さんは眉を寄せ、シャツのボタンの辺りを睨みつけている。かなりてこずっているようだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

異母兄に執拗な弟と妹と妹のカレシの一人称視点×3の話。
5リアクション
5話 / 41,970文字
2018/3/11 更新
完結
clematite
[R18]恋に臆病な男と、拗れてしまった一途な男の話
222リアクション
63話 / 79,202文字 / 132
1/20 更新
BL・R18・ヤクザ×船乗り・リバース有
30リアクション
11話 / 79,108文字 / 79
1/6 更新
【R18】自分はワンコインの価値しかないんだ。受け溺愛攻め×平凡受け
535リアクション
30話 / 54,311文字 / 12
6時間前 更新
イケメン出張ホスト×平凡大学生
お祓い業を生業としている恭介には、片想い中の圭吾にも話せない秘密があった。