30 / 35

第30話 加賀谷、誘導?

加賀谷さんは勃ち上がった自分の欲望で私の尻を撫でた。 腰を揺すり、割れ目に先走りを擦りつけた。 ぬめりで時折、窄まりの辺りを屹立が滑る。その度に、刺すような甘い痛みが腰を貫いた。 加賀谷さんはじっと私の奥を見つめている。わずかな反応も逃さず、まぶたに焼きつけようとしているみたいだった。 加賀谷さんは大きく息を吐くと、私の膝を掴み、胸につくくらい曲げさせた。 腰を回して、私の秘所を屹立で刺激した。 先端で、硬く閉じたところを何度も突く。腰を動かしながら、加賀谷さんはあますとこなく、私の奥を観察している。 繰り返しているうちに私のそこは、卑猥な反応を示した。 早く挿れてと言わんばかりに、ゆっくりと口を開き始めたのだ。加賀谷さんが腰を押しつけると、ひくひくと震えて迎え入れようとする。 自分の躯なのに、どうして思わぬ反応をするのか。 こんなの私じゃない。私の中に、まだ知らない淫らで貪欲な自分がいる。 「いや……」 自分の卑猥な動きに耐えられなくて、私は身を捩った。 これからもっといやらしい自分と向き合わなくてはいけない。加賀谷さんに私の全てを知られてしまう。 怖い。抑えていたはずの恐怖が沸き起こってきた。 加賀谷さんは眉を寄せて私を見つめている。私は彼の目を見て何度も首を振った。 「いや、いや」 か細い声を上げていると、力いっぱい抱きしめられた。私の腰を片手で引き寄せると、加賀谷さんは顔を近づけてくる。 包み込むように私の頬を両手で触ると、唇をふさいだ。 私は加賀谷さんの舌を夢中で吸った。 「キスして、もっと、して……」 唇が離れる度に、私は加賀谷さんの後ろ髪を梳いた。幼子が寂しさのあまり母親の胸にかじりつくように、私は彼の舌を何度も強く吸い上げた。 とても長い時間、くちづけを交わした。 肌を重ねるとはキスをすることだったのかとさえ思った。 加賀谷さんは唇を離すと、私の頬を撫でた。 「晴之は、俺のことが好きなんだよね?」 いつもより低い声でささやかれた。私は頷いた。 「うん、大好き」 「だから、俺とひとつになりたいんだろ?」 「うん……いっしょになりたい」 加賀谷さんは私の手を握ると、唇を歪めて笑った。 「それならいやがっちゃいけないよ。泣いてもいいから、俺のものを後ろで飲み込むんだ」 彼の言う通りだ。愛しているのだから恐れてはいけない。 「……うん」 「ほら、味わってごらん」 加賀谷さんは私の奥に、己の先端を押し込んだ。さっきよりも深いと思ったのは一瞬だった。 はちきれんばかりに膨らんだ加賀谷さんの欲望が、私の中に進入してくる。 狭まっていた内側が、切っ先で擦られ、広がる。思わず足を動かしたら押さえつけられた。 ためらうことなく、加賀谷さんは私の躯を開いた。 「い……」 痛い、と言いそうになった。私は唇を噛みしめた。ここで拒んだら加賀谷さんは止めるかもしれない。 今夜は絶対に最後までする。途中で終わらせたくない。 下腹部を片手で押さえて目を閉じた。 律動する加賀谷さんの硬さと熱さが、腹の皮膚を通して手に伝わってきた。 「あ、ああ!」 石鹸の泡で滑り、一気に貫かれる。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

寂しいなら、俺がお前の居場所になってやるよーー
431リアクション
21話 / 77,166文字 / 888
2018/6/6 更新
主人公ゲス注意。寝取り、無理やり、3P等の要素が含まれます。
905リアクション
82話 / 159,786文字 / 438
2018/10/9 更新
小生意気ノンケ人柱美少年が攻だったりちょっと受っぽかったりする現代文化ファンタジー話
13リアクション
9話 / 79,213文字
2018/10/18 更新
【R18】狼人(冷酷攻め)×人間 (強気受け)・ オメガバース
58リアクション
33話 / 79,853文字 / 120
1/18 更新
攻め視点の書道BL小説です。己の活力を、筆に注ぐ。心を、まっしろな紙に乗せる。
115リアクション
17話 / 30,275文字 / 40
1/16 更新
【オメガバース】俺を早く貴方のモノにして
4リアクション
5話 / 6,100文字 / 0
1/19 更新