19 / 103

第19話

――どうしよう……次の発情期のカウントがわからない…… これは強引に発情(ヒート)させられたものだから、カウントされるのか?されないのか? こちらのヒートにあてられて、峰岸の眸の奥にも欲の焔が燻っている。 「雅?応急処置でしかないからベッド行く?それともたまには雰囲気変えてみる?」 楽になったとはいえ、一度止まりそうになった息を吹き返してくれたが、その時の苦しさで涙が溢れているような状況で、まともな返事もできる訳もなく、フルフルと首を横に振った。 お姫様抱っこ状態に抱き上げられ、寝室へと連れていかれる。そっと横たえ、自分の上半身のシャツを脱ぎ捨てると、馬乗りになるようなポーズではあるが、体を浮かせた状態で口付けられる。Ωとはいえ、男一人を簡単に持ち上げるその筋力に憧れる…… ――なんで、この人はこんなに割れ物を触るように優しくベッドに下ろすんだろ…… そっと触れるキスから徐々に舌を絡める深いキスに変わる。だんだん、キスの時間が長ければ長いほど、口の中まで性感帯になってしまったのではないか?と錯覚するようにその舌の動きや口唇への刺激が脳に快楽を伝える。 僕自身が形を変え、下着にシミが着くほど前も後ろも濡れていくのがわかるほどだ。 Tシャツの上から、すでにツンて主張した尖りを爪でカリカリと擦られると、気持ちよさに腰が揺れる。先のことなんてどうでもいい…… 「んぁっ……んっ、んっ、ん〜〜……!!」 乳首だけでイケそうなほど気持ちいい……けれど貪欲な躰はもっと直接的な刺激を欲して彼の脚にすっかり形を変え、勃ちあがったモノを擦りつける。 「……良いね……そういうの、好きだよ?」 グッと腰から脚を持ち上げられ、下着ごと短パンがおろされると、点を向いてるペニスがプルンと震えながら現れる。 「……もう、どっちもぐちゃぐちゃに濡れてんじゃん……エロい子は好きだよ……?」 足から完全に短パンを抜くとそのまま放り投げた。躰が下にずれ、ペニスを咥え込まれながらしとどに濡らした後孔に指が入る。 前立腺を刺激されながら、丁寧に舌で扱かれている。中と外からの刺激に愉悦が広がり、背が弓なりにしなる。 「あぁん……ハッ……あぁ、んっ、ぁん……」 「どんらかんひ( ど ん な か ん じ )ひもちいい( き も ち い い )?」 「いやぁぁぁぁぁ……そこ……で……しゃべ……らな……で……」 音の振動がダイレクトに伝わって背筋から脳にビリビリと電流のような快感が広がる。 その衝撃で吐精してしまう…… 「本当に敏感で嬉しいよ……これからどうして欲しい……?」 「……欲し……たつき……さんの……大きいの……で奥まで……突いて……欲し……」 ――理性をどこかに置き忘れた。 もう、本能のままの言葉が舌の上を滑る。 Ωがこんなみっともない生き物とは思わなかった……後々自己嫌悪に陥るのは目に見えているが、発情(ヒート)状態の自分には抗うことも出来ない。目の前のαが欲しいものをくれる…… ただそれだけの、本能にだけ従順な獣のような発情に素直なだけの獣のようだと思う。 「……上に乗って?……たまにはシックス・ナインもしてみようよ……」 まだ、おあずけをくらうらしい……

ともだちにシェアしよう!