40 / 103

第40話(大山プライベート)注意喚起あり

「……んフッ……んッ、んっ……」 キスに酔い始めたところで胸の尖りに指を伸ばしてゆっくりと撫でるとビクッと体を揺らす 舌を首筋から耳へ移動させて、耳朶を甘噛みしながら耳元で囁くとかかった息でも感じるらしい。ますます好みだ。 「……耳、好きなの?んじゃ舐めてあげる」 「んぁッ、はァん、あっ、アッ、あぁん!!」 胸の尖りを少し強めに抓ると腰が上がる。反対側と同じように愛撫し、徐々に下降していく舌は、乳首を舐めながら反対側を指手弄りながら、空いた手で躰のラインをなぞると、より大きな声で啼く。 「クスッ……ミヤビ、可愛いじゃん……もっと啼いて?いい声たくさん聞かせてね?」 ――杉本もこんな風に『啼く』のだろうか? 躰中を舐めまわしてから、中心に舌を這わせると本当に泣き出してしまった。 「どうして泣くの?」 「ここまでしてもらったことなくて……もう、躰の奥が疼いて……疼いて……」 「辛いの?」 と聞くとコクコクと頷く。 「可愛いじゃん……もっと焦らしたいけど、初めてだからサービスしてあげる」 ペニスを舐めてあげながら愛液が溢れ出してシーツをびっしょりにしてる後孔に最初から2本指を入れてみたが、それでも余裕なくらいだった。ペニスを口に含んだまま舌を動かし扱きながら、中を探る。 中に前立腺と直結してる場所があるはずだ。知識としては持っていたけど、男を抱くのは初めてのことだから、少し手間取ったけど、ぷっくりした場所を押してやると悲鳴のような声を上げて口の中のモノが白濁を吐き出す。 「ふぅん、こういう味なんだ……」 とそれを嚥下するのを見てミヤビは慌てて 「吐き出して下さい!!」 「なんで?別に問題はないでしょ?」 「……なんで……って……粗相したみたいで申し訳なくて……」 「こんな仕事してんのに、飲んでもらったことないの?」 「……ないです……」 「じゃ、お姉さんがミヤビの初めてをたくさんもらったげるわ。」 体を反転させて、腰を高くあげさせる。双丘を割るとパックリ口を開いた愛道が見える。そこに顔を埋めて、入口周辺から徐々に中に舌で丁寧に舐め回すと 「やっ……ダメ……です……きたな……い……やっ、アッ、あぁん……リカ……さんっっ!」 「気持ちイイんだろ?気持ちよかったらダメじゃなくて『イイ』だろうが。言葉を正しく使えない子はお仕置だよ?」 「ごめん……なさい……気持ちイイ……けど……リカさんに、そこまで……ヒィ!!」 何回も強く臀を叩く。赤くなってきた頃にそこを優しく舐めてやる。 「……そこまで……なに?あたしはあたしがしたいようにしてるの。気持ち良くないなら、やり方を変えてあげるけど、気持ちイイなら何されても喘いでなさい。罪悪感なんかもんじゃないよ?どっちなの?イイの?悪いの?」 「気持ち……良すぎて……申し訳……なくて……ボク、リカさんに……何も……御奉仕、出来てなくて……」 「誰がそんなものを求めた?あたしはあんたを抱きに来たんだよ?抱かれに来たんじゃないんだよ?あたしは抱くのも抱かれるのも好きだけど、抱く時に抱かれたいとは思わないんだよ。後でペ二パンつける前に少しだけ顔面騎乗するからその時は感じさせてくれればいい」

ともだちにシェアしよう!