814 / 863

第814話 Silver(10)

「兄貴が一人。うちはそこまでのインパクトはないな。兄貴も俺も普通。ま、兄貴のほうが出来は良いんだけどね。でも、その分、顔は俺のほうが良い。」 「自分で言うか。」 「だってみんなそう言うし。」 「みんなって、彼も?」 「ん?」  突然の言葉に、和樹は戸惑った。涼矢とのことは渡辺に打ち明けたには打ち明けたが、その時以来、話題にしたことはほぼない。 「だから、彼もそう言うの? 顔が良いって。」  和樹は思わず周囲を窺った。同じ大学の学生も多い店のこと、誰が聞いているか分からない。念のために小声で言った。「本人曰く、メンクイなんだってよ。」 「あっそ。」渡辺はそう言って笑い、そして、それ以上追及してくることはなかった。「そういや都倉、教職ってどうすんの。」と話題を変える。渡辺も教職課程をとっている。 「どうするって?」 「結構脱落していく奴、いるみたいじゃん。」 「まあ、就活と被るしな。……俺も今、少し悩んでるけど、このまま続けるつもり。おまえは?」 「俺は教員免許取りたいから。」 「先生、目指してる?」 「第一志望は公務員なんだけどさ。」 「都立高の教員?」 「いや、区役所とか市役所とか。」 「あー。安定志向。」 「うん。」 「両立すんの、大変じゃない?」 「大変、だと思う。でもそれはみんな一緒だろ。都倉が言ってたみたいに、一般企業と教職だって両方やんのキツイんだから。……俺は楽なほうだろうけどね。実家住まいだし、バイトに明け暮れる必要もないし。」 「小遣いもらってんの?」 「たまに、金欠の時はね。大抵は月に2回ぐらい引っ越しバイトとかやれば、それで足りちゃう。彼女いたら足りないかもだけどさあ。」最後は自虐的な笑みを浮かべた。 「それはあるよな。遠距離なんか余計に金かかる。」 「交通費だけでもそれなりだろ?」 「うん。バスだと少し安いけど、それでもね。」 「おまえが行くの? 向こうが来るの?」 「向こうが来ることのほうが多いかな。俺が行くのは、帰省になっちゃうから。」 「帰省だとだめなのか?」 「えっと。」自分で蒔いた種だが、少々答えにくい。「帰省だと、お互い実家だし、地元で、知り合いいっぱいいるし。」  渡辺はそれのどこがいけないんだ?とでも言いたそうに、キョトンとしている。しばらくの間が空いて、ようやく「あっ。」と言った。「二人きりになれないのか。」 「うん、まあ、そういうこと。」 「そういうことで困ってみたいもんだわ、俺も。で、彼は」渡辺が話している最中に、和樹は水の入ったコップを少し強めにテーブルに置いた。 「あ、悪ぃ。」  つい、だった。渡辺の口から出てくる「彼」という言葉を遮ってしまった。渡辺はまた一瞬呆気にとられていたが、今回はほんの一瞬だった。「ごめん、こっちこそ。」それから和樹の皿が空になっているのを確かめると「出るか。」と言って立ち上がった。 「さっきの、俺が悪かったから。ごめんな。」店を出てすぐに和樹が言った。 「や、俺が気にしなさすぎだった。都倉、さっきミヤちゃんとこ行くって言ってただろ。だから、なんかさ、そういうのもう、いいのかなって勝手に。」歩き出す渡辺になんとなくついていく形になる。 「そういうのってのは、つまり?」 「ミヤちゃんとも仲良いし、都倉はもう、自分のつきあってる相手の性別とかこだわってないんだろうって。あ、ちょっと違うな。」言いながら渡辺も自分の気持ちを整理しているようだった。「俺がさ、そういうの別にいいじゃんって思ってるから、都倉もそうだろうって思っちゃってた。でも、おまえ、まだ周りには言うつもりないって言ってたもんな。あの店、うちの大学の奴らもよく来てるし、そういうことちゃんと考えて話さなきゃだったよな。悪かったわ、マジで。」 「いや、いいって。」和樹はふと足を止める。一拍遅れて、渡辺も立ち止まった。「な、この後もまだ時間ある?」と和樹が言う。 「あるけど?」 「もう少しつきあえ。お茶ぐらいおごるから。」 「だったらうち来るか?」 「え?」 「うち、こっからなら歩いて行ける距離。誰もいないし、そのほうがいいんだろ? 金使わないで済むしさ。」 「おまえがそれでいいなら、いいけど。」 「いいよ、どっちにしろ自分ち帰るだけだったんだから。特別おもしろいもんもねえけど。」  和樹は引き続き渡辺の後についていくことになった。歩いて行ける距離、と言っていたはずだが、少なくとも10分は歩き続けても渡辺は何も言わない。車社会の地元だったら、これを「歩いて行ける距離」とは表現しないだろうと思いながら歩き続けた。  そこから更に10分以上歩いて、ようやく渡辺は「あそこ。」と顎で示した。  住宅街の一角にある、何の変哲もない一軒家だった。隣家との距離は近いが、オープン外構で、明るい雰囲気だ。 「毎日、大学まで歩いてんの?」と尋ねながら、和樹は玄関で靴を脱ぐ。 「うん。今日は定食屋寄ったから遠回りだけど、まっすぐ行けば30分ぐらいだよ。」 「毎日往復一時間ウォーキングしてると思えば、俺の一日置きのランニングと大差ないな。」 「そう言われればそうか。」渡辺は笑いながら室内へと和樹を促す。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】セクサロイド続編 ほぼHのみ
18リアクション
1話 / 2,266文字 / 128
2017/2/16 更新
エネルギー資源の枯渇により、世界は滅びかけていた。それでも僕等は出会い、そして恋をする。
3話 / 2,974文字 / 0
2018/7/16 更新
連載中
Blanc neige
R18 ヤンデレ×美人。高校生。有名企業の跡取り息子の透也と、白雪姫のように美しい白雪の愛の物語
2リアクション
5話 / 3,695文字 / 0
3/2 更新
王道戦隊モノを目指したBL小説です。青(眼鏡/社会人)×赤(高3)。
8話 / 21,207文字 / 20
1/16 更新
創作コラボ小説『まひるの海月亭』の番外編。異世界から異世界へやって来た青年のお話です。
12話 / 30,841文字
5/31 更新
不器用な後輩×意地っ張りな先輩
40リアクション
15話 / 29,993文字 / 60
8/26 更新