108 / 256

第四章・10

 口づけながら玲の体を優しくさすり、秋也はその胸元をゆるめた。  肌に触れようと、手を滑らせる。  腹立たしい気分を持て余していたのは秋也も同じで、怒りのやり場を探していた。  そのはけ口、といってはあんまりだが、玲の体を抱いていると安らいでくるのは事実だ。  心に火がともる。  手を深く忍び込ませ、指先で小さな尖りをくるりと転がした。 「秋也、だめ」  とたんに玲は身をよじらせ、秋也から離れた。  そうなのだ。玲は決して屋外で体を許さない。  秘め事は必ず、誰かに見られる心配のない屋内と決まっている。  それも、ソファかベッドの上。  屋外の、しかも草の上でその身を開きはしないだろう。  だが、心の、体の昂ぶりはおさまりそうにない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

小生意気ノンケ人柱美少年が攻だったりちょっと受っぽかったりする現代文化ファンタジー話
13リアクション
9話 / 79,213文字
2018/10/18 更新
攻め様ライの魅力に抗いたいけど、負け続ける受けちゃん希望のエロ三部作
110リアクション
20話 / 69,178文字 / 48
1/20 更新
振り回される人間×押しかけ狐のちょっとエッチな(?)ラブコメディ
100リアクション
34話 / 79,084文字 / 0
2/5 更新
作家×高校生 スクールカウンセラーの優しい先生。実は超変わり者の純文学作家でした
8話 / 13,871文字 / 0
1時間前 更新
連載中
愛裏腹に
【R18】自分の性を隠し奔放に生きるΩと、運命の相手を探している真面目なαのお話
601リアクション
25話 / 30,448文字 / 0
2/23 更新
完結
HAPPY
失恋して酔っぱらった横田が部屋にひっぱり込んだのは高校生でした。