109 / 256

第四章・11

「今夜、部屋に行ってもいいか」 「ごめん。明日は早朝勤務だから、今夜は早く休まないと」 「そうか。それでは駄目だな」  ごめん、と繰り返すと、玲はすばやく秋也の頬にキスをして走り去って行った。  残念だ。心の底から残念だ。  だが、無理強いはできない。  ついさっき、優しいと言ってもらったばかりじゃあないか。  ここはひとつ、その優しさでもって我慢しなきゃいけない。  大きく息をつくと、秋也は立ち上がった。  早出ではないが、自分も明日は玲と同じく室内で事務処理だ。  業務に支障をきたすようなまねはできない。  指先のかわいい感触がなかなか消えずに悶々としたが、そのまま何の変哲もなく夜を迎えた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

売れっ子BL作家の朝比奈の家に転がり込んで来たのは、友人が拾った猫又でした。
110リアクション
45話 / 39,627文字 / 58
1/24 更新
完結
Sugar!
幸せの意味を知らない男と生意気ワンコの物語
648リアクション
50話 / 54,123文字
2/15 更新
奏太を追いかけて東京本社に転勤した縁だったが、営業の環に目をつけられて……。俺様攻め×襲い受け
28話 / 37,865文字 / 0
28分前 更新
完結
影の王
王弟×稀少な種族の青年 異世界ファンタジーものです
162リアクション
23話 / 72,819文字 / 40
2/11 更新
完結
月下香
あなたの身体に溺れたんじゃない、あなたに溺れてるんです。
21話 / 46,798文字 / 0
16時間前 更新
アレが小さすぎるという密かなコンプレックスがあっても幼馴染だから参考にさせてほしい。え←
1話 / 1,275文字 / 0
2分前 更新