110 / 256

第四章・12

 いつもより早めに夕食を済ませ、いつもより早めに入浴を済ませ、いつもより早めに床に就こうと玲は雑用を片付けた。  香を炊き、パジャマに着替えたところで、はたと気付いた。 「戸締りしなきゃ」  パジャマのままドアへ向かうと、どしんと大きな物音がした。  何事かとノブに手をかけると、扉は表側から突然大きく開け放たれ、玲は飛び上がった。  体半分、屋内にのそりと入り込んできたその男は。 「拓斗」  体中からぷんぷんとアルコールの匂いを発散させ、赤く血走った眼は不吉な色をたたえている。  ひるんだ玲は思わず一歩退がったが、それ以上退がることを拓斗は許さなかった。  腕をつかみ、ぐいとひきよせ無理やり唇を奪ってきた。 「んッ! うんんッ!」  まるで噛みつくような、荒々しいキス。    こんな事は初めてだ。  いや、その前に酔った勢いでということ自体おかしい。  明日は早いという玲の事情は、拓斗も知っているはずだ。  そのうえで夜這いに来るという無神経さも彼らしくない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

侵略した国の第二皇子×侵略された国の元軍人奴隷のファンタジー話。
9リアクション
6話 / 50,715文字
2018/9/28 更新
【R18】狼人(冷酷攻め)×人間 (強気受け)・ オメガバース
71リアクション
33話 / 79,853文字 / 120
1/18 更新
淫乱パパとカレシ(受)の兄が付き合っていることに苦悩するふたなり美少女の話
5リアクション
6話 / 58,871文字
2019/8/4 更新
5年前のあの少年が20歳になって智也の前に。因果な巡り合わせか運命か。次第に惹かれ合う歳の差カップル
909リアクション
87話 / 48,074文字 / 40
9時間前 更新
103リアクション
73話 / 76,087文字 / 80
2/10 更新
イケメン三兄弟(吸血鬼)×捨てられた青年(人間)
14リアクション
26話 / 21,091文字 / 20
15分前 更新