112 / 256

第四章・14

 明日の資料を整理しながら、秋也は数枚の書類を手にして考えた。 (これは朝一番で玲に目を通してもらっておいて、俺が勤務についてすぐ話し合った方がよさそうだな)  その方が、早く済む。  遅くまで残業などしたくはなかった。  明日の夜は、二人でゆっくり過ごしたいのだ。  書類を手に、秋也は同じマンションの玲の階へとエレベーターを昇らせた  玲、さっきはなんだか様子がおかしかった。  話を聞いてあげようか。  何か辛いことがあったというなら、慰めてやろう。 『秋也はやっぱり優しいね』  玲の言葉が頭をよぎった。  そう、俺は玲に優しいと思われているのだ。  ことさら優しくしているつもりはないが、荒っぽい拓斗に比べると、柔らかい印象を受けるのだろう。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

異母兄に執拗な弟と妹と妹のカレシの一人称視点×3の話。
5リアクション
5話 / 41,970文字
2018/3/11 更新
番犬みたいな男とその弟分の能天気青年が神経質な美人を性的にハラスメントする話。
3リアクション
8話 / 59,735文字
2018/8/26 更新
ゲームのオフ会に行ったら、推しアイドルと出会ってしまった!?ラブラブBLシンデレラストーリー
860リアクション
6話 / 36,964文字 / 80
1/20 更新
おっちょこ御曹司✕勝気な元ストリッパー。愛を解くレッスンオメガバース。
471リアクション
10話 / 8,235文字 / 0
2019/12/18 更新
完結
village
このままでは村人全員に犯される……オレは一体どうすれば……
577リアクション
36話 / 72,483文字 / 40
1/29 更新
連載中
Ray
心から人を憎んだことがありますか?
51リアクション
5話 / 24,215文字 / 40
2/23 更新