113 / 256

第四章・15

 拓斗といえば、昼間の態度は全く腹立たしい。  大体あいつは、いつも自分勝手なことばかりしているんだ。  拓斗のことを考え、思わず口がへの字になったことに気づき、秋也は慌てて顔を戻した。  今から、玲に会いに行くのだ。  不機嫌な顔などしていてはだめだ。  優しいと言われて、嫌な気はしない。それなら、うんと優しくしてあげよう。  そんな風に考えながらエレベーターを降り、玲の部屋の前までやってきた。  だが、ノブに伸ばした手が思わず固まった。 「ん、あぁっ。拓斗ぉッ……」  この声は。  玲のこの声は、まさしく情事の真っ只中のものだ。  しかも相手は、あの自分勝手な拓斗だと!?  秋也の頭は一瞬にして沸騰した。  なぜだ。俺には断っておきながら、どうして拓斗と一緒にいるんだ!?  「あぁ。あっ、あっ、あッ、あぁん!」  短い切れ切れの喘ぎと、規則的に肌をたたく音が聞こえる。  扉を挟んですぐ向こうで、今まさに二人は交わっているのだ。  ソファの上でもベッドでもない、冷たく硬い床の上でだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】死んだと思ったのに、目を開ければ違う世界にいた。
565リアクション
20話 / 20,822文字 / 0
1時間前 更新
敢えての神視点で読むBL
終わったはずの初恋が、夏の匂いと共に蘇る。
76リアクション
5話 / 32,748文字 / 20
1/20 更新
ワガママな貴公子×気難しい文官
会社経営の兄×大学生の弟。兄弟オメガバース
496リアクション
33話 / 40,637文字 / 0
1時間前 更新
殺し屋の男と男娼の少年の逃避行。
1リアクション
21話 / 41,742文字 / 0
21分前 更新