114 / 256

第四章・16

 秋也は奥歯を噛みしめ喉奥で唸り、拳を強く握りしめた。  ドアをぶち破って殴りこみたい。  あと一歩でぐっとこらえた。  おそらく、拓斗が無理やり抱きにかかったに違いない。  流されやすい玲は、それに応じてしまったのだ。  優しいと言われて得意になっていた自分が情けない。  とんだ優男もあったもんだ。  遠慮なんかしたおかげで、全くひどい馬鹿を見た。 「んあ、あッぁ、ああぁん!」  玲の甘い悲鳴から逃れるように、秋也は走ってエレベーターに飛び乗った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

546リアクション
14話 / 32,104文字 / 246
2/17 更新
「俺のご主人様になってください」変な部下に懐かれた俺は、そいつを飼うことになった。ドタバタコメディ。
161リアクション
27話 / 37,528文字 / 0
11時間前 更新
過去作「ある幸せな家庭の幸せな日常生活」の連載版です。
863リアクション
48話 / 73,724文字 / 40
1/7 更新
終わったはずの初恋が、夏の匂いと共に蘇る。
76リアクション
5話 / 32,748文字 / 20
1/20 更新
癒し系ワンコ大学生 × アラサー美人会社員
49リアクション
10話 / 10,867文字 / 0
10時間前 更新
3リアクション
3話 / 5,434文字 / 0
2/11 更新