115 / 256

第四章・17

 冷たい床に熱い頬を当て、玲は肩で息をしていた。  達した拓斗が、分身を体内から引き抜く気配を感じる。  ようやく終わったのだ。 「イヤだって言いながら、ずいぶん気持ち悦さそうだったじゃねえか。あ?」  耳が、かっと熱くなった。  拓斗の言うとおりだ。  地べたで無理やり犯されて、それでも感じて悦がっていた自分を恥じた。 「来いよ」 「え? えぇっ、ちょっと待って!」  引きずられるように寝室へ押し込まれ、ベッドにねじ伏せられた。 「やめて、拓斗。明日早いから。もう、休まないといけないから」 「知ったことか」  拓斗の太い指が咥内にねじ込まれ、喉奥をくすぐる。  どうしちゃったんだろう、拓斗。今日に限って、どうしてこんなに意地悪なんだろう。  苦しさと、拓斗の乱暴に悲しい気持ちとがないまぜになって、涙が、唾液があふれてきた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

片想いしていたアイツとの一週間だけの少し奇妙な初体験の話。
17リアクション
23話 / 42,832文字 / 140
2019/6/18 更新
雨の降らない枯れた村。雨ごいの儀式とは・・
955リアクション
95話 / 37,824文字 / 172
2019/11/8 更新
年下✕年上、高校生。今までの自分を覆す出逢いがここにはあった。
46リアクション
44話 / 30,079文字 / 26
2019/10/6 更新
異世界からの俺様王子×現代の巻き込まれ普通でいたい男子の、現代エロコメ逆転移ファンタジー。
894リアクション
115話 / 75,820文字 / 60
5時間前 更新
殺し屋の男と男娼の少年の逃避行。
25リアクション
24話 / 47,093文字 / 0
2/26 更新
不細工男×節操無しのセクサロイド のお話
5話 / 18,693文字 / 0
2/21 更新