116 / 256

第四章・18

 拓斗は胸元に舌を這わせ、じゅっじゅっと音を立てて乳首を吸ってくる。  細かく歯を立てながら、時折ちろちろと舌先で舐める。  扱いは乱暴なのに、愛撫はいつも以上に細やかで執拗だ。  息が甘くなる。  喘ぎが漏れる。  シーツを硬くつかんでいた手が緩む。  柔らかな快感に体がほだされかけてきたその時、鋭い刺激が突然玲を襲った。 「ああッ! ぃや!」  口から抜いた指で、拓斗が玲のペニスを嬲り始めたのだ。  唾液で濡れた指先で先端を撫でまわし、絶妙の刺激を与えてくる。 「いや、いや、やめてえ!」 「いい加減、観念しろよ!」  拓斗は手のひらで強く棒芯をしごき、蜜を絞り取った。  溢れるたびに、玲は悲鳴を上げ悶えた。  がくがくと震える体にいきりたったものを刺し貫かれ、大きくのけぞる玲に、拓斗は激しく抽挿を始めた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

美青年 数学教師と優等生の恋
1,764リアクション
41話 / 30,099文字 / 283
2/23 更新
完結
蒼い炎
主人公の、幼馴染への初恋→同級生→行きずり?それぞれの恋の行方
69リアクション
14話 / 44,192文字 / 66
1/6 更新
侵略した国の第二皇子×侵略された国の元軍人奴隷のファンタジー話。
9リアクション
6話 / 50,715文字
2018/9/28 更新
生真面目なリーマン×男娼の青年
728リアクション
136話 / 67,026文字 / 232
2019/8/15 更新
王子様系キラキラ部下×バツイチツンデレ上司
110リアクション
18話 / 36,830文字 / 0
9時間前 更新
不細工男×節操無しのセクサロイド のお話
5話 / 18,693文字 / 0
2/21 更新